最後の更新日を見て驚愕する

最後に更新してから五ヵ月を迎えていた。
その間に何か更新を休まなければならないような重大なことがあったのか、
というとそんなことはなく、むしろ読書→映画→音楽→テレビの娯楽のループを
仕事の合間に繰り返す毎日だった。
それはそれで楽しいが、楽しさで心が満たされるとパソコンを起動し、
ブログの作成ページにログインし、書き始めるという手順を一から踏む前に
充足感を抱えたまま布団に潜り込んでしまう。
自分のさぼり癖というか、後に後に物事を回してしまう性分にはほとほと困ったものである。

以前このブログで紹介した、原作を読んでないのに突入し中々に良い青春映画だった
『咲』の実写版の続きが作られるらしい。といっても扱い的には外伝というか、
主人公は変わるのだが。それでもスタッフは前回のプロジェクトと全く同じのようなので
今から期待で胸が膨らむ。

『咲』主演の浜辺美波さんは『君の膵臓を食べたい』で好演していた。
大人になった主人公が学生時代を回想し、その頃に出会った一人の同級生を演じている。
若干舌足らずな喋り方と彼女の身振り手振りがまるで漫画から飛び出してきたかのような雰囲気で、
こういうのが2.5次元なのだろうかと考えながら鑑賞していた。
もしかしたら人によっては好きになれないかもしれないなぁとも思ったりしつつ。

膵臓だけでなく人間の身体を盛んに食べるのが観られる映画といえば『エイリアン:コヴェナント』。
これはエイリアンシリーズの新作で、しかも2012年の『プロメテウス』の完全な続編である。
監督は同じくリドリー・スコット。
まさかここまで繋げてくるとはという位に律儀に前作の流れを引き継いでいるし、
この方がこういう続編映画を自ら撮るのってあんまり無いような気がする。
悪趣味なまでに残酷なゴア描写、自身の映像構築力に絶対の自信を持ち、
それもまぁ分かると感じる映像美を堪能する。
79歳なのに元気な映画を撮るなぁと嬉しくなってしまった。
前作は低評価が多いが自分は嫌いではなく、いつまでも眺めていたいほど宇宙船内が
惚れ惚れするくらい綺麗だったのだが、それ以上に本作が気に入った。

で、『エイリアン:コヴェナント』を観終わってから『ブレードランナー』を観る。
色々バージョンがあるが今回はファイナルカット。
コヴェナントは確かにエイリアンシリーズの一編なのだけれどもどうにも「ブレラン」の幻影を
所々に感じ、それを確かめたくなった。あと単純に久しぶりに観たかった。続編もあるし。
そして観てみると本当にそっくり。同じ監督が撮ったんだからそっくりも何も無いかとは思うが。
むしろ『ブレードランナー』から『エイリアン:コヴェナント』まで、
リドリー・スコット監督は何一つ変わっていない。
なぜこんなにもグロく、こんなにも幻想的で美しいか。やっぱり惚れ惚れしてしまった。
『ブレードランナー』では色々あって最後にルトガー・ハウアー演じるロイ・バティが今までの
激しさが嘘のように静かに語り、それが映画のハイライトとなる。
もしかしたら『エイリアン:コヴェナント』の「次」もマイケル・ファスベンダー演じるデイヴィットが
静かに語る時があるのかもしれない。
けど20世紀FOXは次回作作らせることに躊躇してるらしい。
それに対してリドリー・スコットはどうするのか? 
地に足付いた次の新作でヒットすれば何も言わなくなる。
もう予告編が出ていて、実話がベースの映画。
これでヒットを飛ばしてエイリアン続編&史劇映画を存分に撮る……と考えているかは定かでないけど、
今一番新作が楽しみな映画監督だよなぁと思った。

WOWOWでドラマ化されるノンフィクション『石つぶて』を購入して読んだりもした。
これが中々に読みごたえがある。外務省機密費を使い込んだ事件を追った本。
どういう話をどのように話したか。著者の清武氏は関係者に取材をし、徹底的に文章にした。
結果として小説のような語り口で事件の状況を追っていく形になっており、
骨太な警察小説を読んでいるかのような気分になった。
ドラマの主演は佐藤浩市さんで、本当に横山秀夫氏原作の警察ドラマの趣で作りそうな予感。
とはいえ自分はWOWOWに加入していないので、ソフト化を待つ。

そういう意味では黒沢清監督の新作『散歩する侵略者』も現在スピンオフのドラマが
WOWOWで放送されていて、無料放送された1話がべらぼうに良かった。
久しぶりに黒沢監督のホラーを観た! という満足感があり、カメラがじっくりと回って
一呼吸間を置いて何かが動く、なんていう演出で息が詰まる。
映画版もエンタメしてるなぁと思いつつ結構好きだったのだが、スピンオフも大好きになるかも。
とにかく東出昌大さんが素晴らしい風体。この人結構好きなのである。

音楽というと尾崎裕哉さんの『グローリーデイズ』が良かったなぁ。
父親の尾崎豊さんも伸びやかな歌声が魅力だったけど、ご子息もそんな感じがする。
というかああいう疾走感のある曲が似合う声な気がする。
いまシングルを何枚か出しているみたいなので、1stアルバムが出たら買いたいかも。
アルバムと言えばキック・ザ・カン・クルーが復活してアルバムを出したので買わねばならない。

色々と物欲が膨れ上がるのはストレスも溜まっている証拠か否か。
なるべくサボらないように頑張っていきたいです。
スポンサーサイト

リアル脱出ゲーム『夜の魔王城からの脱出』に行ってきた。

初めてリアル脱出ゲームに行ってきた。

「リアル脱出ゲーム」とは、ある限られた空間の中で提示される様々な謎を解き、
制限時間以内にゲームクリアを目指す体験型イベントだ。
全国で開催されていてチケットが発売されると速いスピードで売り切れるらしい。
私が今回行ったイベントの参加者は約950人ぐらいだったのだが、
これぐらいの人数が毎公演参加しているようだ。
以前から評判はネット上で目にしていて興味はあった。
そんな時に知り合いに誘われたので、初参加。

『夜の魔王城の脱出』はRPGのような世界観設定の脱出ゲームだ。
闇に包まれた魔王城に迷い込んでしまった主人公は、
かつて封印された魔王が再び復活してしまうその時までに城から脱出しなければならない。
この主人公というのが参加者自身であり、
「闇に包まれた魔王城」とは夜の遊園地である。
ゲームの参加者は実際に夜の遊園地を歩き回りながら、その中で用意された謎を解いていく。
謎を解いていくことでシナリオは進んでいき、最終的なゴールを目指す。

いたるところに謎が用意されているので、ゲーム中は園内全体を歩き回るように設定されている。
ゲームの世界観がRPGのようなので、まるでダンジョンやフィールドだ。
これが、割と疲れる。謎を解く為にあっちに行ったりこっちに行ったり……。
『風来のシレン』シリーズや『トルネコの大冒険 不思議のダンジョン』シリーズというゲームで
主人公が行動していく内に空腹になっていくという要素があるのだが、
それを体験出来るといっていい。
おかげでゲーム終わった後のビールと焼き鳥は美味かった……。

で、このリアル脱出ゲーム。形式上、絶対にネタバレ禁止だ。
どういうクイズが出たのか、それをどうやって解決したのか、
どんなストーリーが待ち受けていたのか。それらは絶対に明かしてはいけない。
ゲームの開始前にSNSにも書かないでくださいとも注意喚起される。
それで守ってる人が結構多いみたいなので、今の時代に大多数が参加するイベントで
閉鎖性が保たれてるのは良い。ここでも書きませんのであしからず。

物語の展開に合わせてこれから起こる事件を解く為の要素が並べられていき、
作中の登場人物同様に読者も推理可能となるのがミステリ小説の基本、
と考えているのだが(クオリティが高いのであれば必ずしもそれを守らなくても、とは思いつつ)、
このリアル脱出ゲームはその基本に忠実なのではなかろうかと思った。
脱出する為に必要な答えを推理する要素がどんどん提示されていくし。
その為に色々なことに対して怪しむ目を持つので結果的に若干疑心暗鬼気味になるけども、
それもまたミステリ作品の登場人物になったような感じで、気分は探偵だ。
制限時間終了後のゲーム解説で正解が提示される度に会場がドドっと沸くのは、
ミステリ漫画で金田一少年や眠りの小五郎がトリックを説明して
登場人物が「なっ!?」と驚く流れと似ている。

探偵といえば脱出が目的というよりも本当に事件解決がメインのイベントもあるようで、
そっちは本当に探偵気分でゲームに参加出来るらしい。
こういうイベントが『名探偵コナン』とコラボするというニュースを時々目にするが、
そういう取り組みをするのも分かるなぁと今回参加して感じた。

ということで、初体験のゲームは非常に良い時間でした。
脳みそと身体の両方を使うので疲れますが、その後の食事はべらぼうに美味いですよ。
ちなみに今回の私は「なっ!?」を言う側でした。
時間に追われて肉体的に疲れた状態で推理するの、本当スゴイ。
江戸川コナン君は普段の事件では頭と身体をバランス良く使い、
映画では身体能力にパラメータを全振りしているんだろうなぁと思いました。
興味のある方は是非どうぞ。

「~天龍源一郎 引退~ 革命終焉 Revolution FINAL」 を見た。

天龍源一郎、引退。
全日やSWS、WARで活躍していた頃をリアルタイムで見てない自分。
初めて天龍選手を知ったのは2004年頃。NOAHに参戦していた時の試合を見ていた。
全身全霊、年齢なんて関係無い勇ましい姿が凄かった。
後に歴史を知って、幾多の時代で戦い続けた人だったんだなぁと知る。
自分が「凄い!」と感じた以上にレベルが違っていた。

そんな常に第一線にいた方の最後の試合。
活躍していた時代は一部しか見れていなかったけど、
それでも最後の雄姿を見たいと思った。
ニコニコ生放送で中継をやると知り、急いでお金を払う。

メインイベントの天龍選手は、いまの自分をさらけ出して最後まで戦った。
ガウンを羽織って入場する天龍選手。
そのガウンはデビュー戦で使っていたものだったらしい。
脱いだガウンから見えたのは、自分の記憶の中にもあったショートタイツ。
最近はパンタロンを穿いて試合に臨んでいたみたい。
衣装を戻してきたことに天龍選手の気合を感じた。
名曲「サンダーストーム」を背に、沢山ののぼり旗が立ち上がる中、
天龍選手は悠然とリングへ。この時から、最後の試合は既に始まっていた。

相手は新日本プロレスで最高位の
IWGPヘビー級王座を持つオカダカズチカ選手。
身体も大きく、動きもスピーディー。
打点の高いドロップキックが印象的なレスラーだ。
対する天龍選手は満身創痍。脚は細く、腰にはサポーターが巻かれている。
そんな中で見せる数々の技。
チョップ、グーパンチ、WARスペシャル、顔面キック、パワーボム……。

入場、戦う姿、使う技。まさに人生を見せた試合だったんだなぁと思った。
負けた後に悔しがる姿も、戦う心を常に忘れない人だったことが改めて伝わった。

対戦したオカダ選手は、観戦するこちらが「見事」と
思う程に天龍選手にぶつかっていった。
天龍選手の放つ顔面キックで、額に赤い跡が出来た。
Mr.プロレスと呼ばれる天龍選手からの最後の洗礼だと思った。
試合が終わった後リング上に倒れる天龍選手に、
深々と礼をして何も言わずに退場するオカダ選手。拍手する他ない。

腹いっぱいのプロレス人生の終わりを見せられた。
そんな気分で心が満たされた天龍選手の引退試合だった。

本興行には現在進行形でプロレス界で活躍している選手はもちろん、
全国各地のプロレス団体で活躍しているプロレスラーが参戦していた。
試合内容もコメディ要素の強いものから、女子プロ、立技主体のバチバチ、
正統派なぶつかり合いまで、様々なスタイルを見ることが出来た。
お客さんの中にはオカダ選手含め初めて見たというレスラーもいたかと思う。
(自分も初めて見るレスラーが結構いたし、久々に試合を見るレスラーもいた)

この興行をきっかけにいまの時代のプロレスに興味を持つ人も
更に増えると良いなぁなんてことを考えたりした。

天龍選手の革命は終焉を迎えた。
この興行から新しい革命が始まるのか。
もしくは、実は既に始まっているのを天龍選手が見せてくれたのか。
個人的には後者の説を信じつつ、並行して前者が起こることも期待しながら、
いまの時代のプロレスを自分なりに見つめていきたい。

【一問一答】天龍、妻に感謝「ここまで押し上げてくれた」 ビールもひと飲み


天龍源一郎選手、お疲れ様でした。

鞄。

仕事用に使っていたビジネスバッグが壊れた。
ファスナーの部分が外れ、閉められない。

亡くなった祖父が、購入したもののずっと使っていなかったのを譲り受けたことが、
この鞄との出会いだった。
(誰もがそういう風に感じるように作られているのだろうのとは思いつつ)
手に持つのはもちろん、付いているベルトを肩に掛けても自分にフィットしていると思えた。
スケジュール帳、名刺入れ、もしもの時の予備のティッシュ、スマートフォン、資料……。
当然ながら仕事に関係する色んなものを入れてきた。

思えば、就職活動の時からずっと使っていた。
何度CampusのA4ノートを入れ換え、何枚の履歴書を入れては出しただろうか。
現時点で、まだ胸を張れるほど長い年数働いた訳では無い。
しかし体感的には結構な時間、一緒だった気がする。
こういうのが相棒、というものなのだろうか。

どちらにしても「お疲れ様です」という気持ちに変わりは無い。
使わせていただきまして、ありがとうございました。



備忘録として書きたくなりましたので、急にこんな更新。
いつもだらだらと長文を書いてしまっているので、こういう短文は久しぶりな気がしました。
それでは。

『ほんとにあった怖い話』がやっていた。

フジテレビで『ほんとにあった怖い話』がやっていたので視聴。
今年で15周年だとのことです。今回は去年より多くて7本のエピソードを放送。

ここ何年かジャパニーズホラーというジャンルは映画は
作られつつもやはり下火になっていて、そういう意味ではこの特番は
結構貴重な存在といえるのではないでしょうか。
そういえば他局ではめっきりホラードラマやらなくなってしまったような……。
という訳で短めに各エピソードの感想。

『S銅山の女』
取引先からの帰り道で迷い、心霊スポットである山に来てしまった主人公。
それをきっかけに不可思議な現象が自分の周りで起き始めるというストーリー。
今回の特番で一番気合が入っていたように思えた一作。
不気味な「仮面」というアイテム、不穏な雰囲気、現れる怪奇……と定番の要素を押えた内容。
特に主演の石原さとみさんの相手役を務めた小池徹平さんが振り撒く暗さがハマっています。
オチの後味の悪さも含めて、始まりには持って来いのエピソードかと思いました。

『さとるくん』
電話絡みの都市伝説をモチーフとしたと思われるエピソード。
何者かから電話が掛かってきて、その相手がどんどん近づいてくる……というアレです。
といってもそのまんまそれ、という訳ではないんですけど、軽い気持ちで「さとるくん」の噂を
実践したことで不思議な現象に巻き込まれます。
オーソドックスな怖い話をオーソドックスに纏めた一作。懐かしい気持ちになります。

『犯人は誰だ』
恐らく今回一番の異色作でしょう。
会社員の主人公が変な後輩に纏わりつかれます。
しかもその後輩は「ある能力」を持っていて……という話。
ホラードラマというよりもテレビ朝日の金曜ナイトドラマ枠(『TRICK』など放送した枠)で
やるような作品で、刑事キャラを加えちゃえば
そのまま連ドラ化しても良さそうな内容ではありました。
北乃きいさんの変人キャラ、草彅剛さんの変なことに巻き込まれてるのにも関わらず
意外とサバサバした感じが良かったです。しかしなんであんな酒焼け声なのか、北乃きいさんは……。
ちなみに本作が一番怖くないです。面白かったですが。

『誘いの森』
超短編です。キャンプに来た女の子が友達のお手洗いに付き合って
向かったトイレが不気味で……という話。
まさに全てはオチの為にある、といっても良い一作でしょう。
しかしそこに至るまでの不穏な空気の演出が定石を踏んでいて好感が持てます。
緊張→弛緩→緊張……のリズムが上手く使われていました。

『腕をちょうだい』
会社でプロジェクトチーフを任された主人公に起こる怪奇現象に纏わるエピソード。
ホラーでは不穏な人間関係、というのも割と使われているような気がします。
今回はそんな要素にも焦点を当てた作品。
その人間関係と起こる現象が実はそんなに関係無いところがちょっとイマイチな気もしましたが、
鬱屈した想いを抱えてる人間のところに霊は現れるのかな、と考えると中々怖い話です。

『タクシードライバーは語る』
タクシーの運転手として働き始めた男が乗せた客は、どこか不気味な女性で……という話。
これも偶然乗せたのが……という基本を押さえたエピソード。
ただこれの次の話が感動系なので、それによって構成的に
捻くれたエピソードになったような気がします。
全体的にはちょっとイマイチかなぁとは思いました。

『闇への視覚』
幽霊が見える不思議な能力を持った女性が、工場で働き始めた。
その工場で働く主婦に幽霊が憑いていることを女性は発見してしまい……。
こちらは前半不穏、後半感動系のお話です。
後半に関してはもう「良い話だなぁ」という感じなのですが、前半はあまり明るくない工場の
雰囲気と幽霊の存在がマッチしているように思えました。
襲ってもこず、何も喋らずただ立っているだけ。なのにそれを見る人にとっては恐ろしく感じる。
幽霊の存在について改めて定義されたかのような一作でもありました。


という訳で定番モノから変化球、感動モノまで色々揃っておりました。
しかもほとんどが中々見応えがあったので、今回記事を書いてしまいました。
何より凄いのはこれらの作品にはほぼ映画監督の鶴田法男さんが
関わっているということです。
『世にも奇妙な物語』と変わらなくなっているという意見も見聞きしますが、
ドラマの中に持ち込まれる不穏な感じが『世にも~』とは一味違う感じがしていて好きです。

色んな監督によるオムニバスホラーをTVで見たいなぁ、どこかで。


ほんとにあった怖い話 完全版 [DVD]ほんとにあった怖い話 完全版 [DVD]
(2004/02/25)
浅沼順子、後藤宙美 他

商品詳細を見る
プロフィール

ヤギメロ

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード