なぜ、私はアメコミを買うようになったんだろう?

アメコミ。アメリカンコミック。
海外の漫画。普通ならあまり手に取ることのない本。
私は、それを買っている。

きっかけは岡田斗司夫さんだった。
今ではそうでも無くなったけど、昔はこの方がやっていたネット配信番組を
よく見ていた(確かやっていたのはGyao)。
理由としては単純に、聞いてて話が面白かったから。
今は無き伝説の番組(といっても良いんじゃないだろうか?)
「BSアニメ夜話」で、笑いながら持論を展開する語り口も好きだった。

時は2009年。
岡田さんがやっていたネット番組で、そのアメコミの話題が出た。
タイトルは『WATCHMEN(ウォッチメン)』。
増刷に増刷を重ねて2015年現在では第14刷まで行った本は、
この年に発売された。
(といっても1998年に別の出版社で一度発売されているのだが)
その時期はザック・スナイダー監督による実写版の公開も控えていた。

岡田さんは、初版本で帯文を書いていた。
だから自身の番組で取り上げたんだと思う。
当時、私にとってアメコミは未知の分野だった。
前年に『ダークナイト』を観てその凄さに興奮していたものの、
登場するキャラクターについてはちょっとネットで調べるぐらいで
原典であるアメコミに手を伸ばすまでには至っていなかった。
なのに、どうして私はそれを欲しいと思ったのか。

正直岡田さんがどのように『WATCHMEN』を紹介していたのか、
細部までは忘れている。
だからその番組を見てなぜ買おうと思ったのか?
正確な理由は実は今でも思い出せていない。
確か「ヒーローが現実にいたらどうなるのか? を描いてる」みたいなことを
熱っぽく語っていたような違うような……。

ただ発売日当日は買う為に本屋に走ったのは覚えている。
当時アメコミ初心者だった私は、平積みされた『WATCHMEN』の分厚さに驚いた。
今ではそういうものだけではないとは知っているものの、
「これがアメコミか……」とその時は本を前にして慄いた。

初めて買ったアメコミは読むことさえも戸惑った。
日本の漫画は基本右綴じだから、その流れでページを開いてしまった。
カバーイラスト集の後に最初に見た本編は、
穏やかな日常と出版社のシーンだった。今考えると恐ろしいったらありゃしない。
その後にようやく左から読むものだと理解し、正式に読み始める。
それから、読む手は止まらなくなった。

一人のヒーローが死ぬことから始まるミステリアスな物語。
ロールシャッハの特異性と彼の素性を筆頭に、
かつてヒーローだった者達の秀逸な人物描写。
設定資料集並に密度の濃い、作中の過去の歴史を紐解くサイドストーリー。
1つの章を読み終える度に、その情報量に息を吐く。
「凄いものを読んでしまった」
全部を読み終えた時には感嘆した。

『WATCHMEN』の全てを理解したか? 
そういわれると胸を張って「当たり前だ」と言える自信は正直ない。
私よりも何十回、何百回と読み直した人の前には敵わない。
しかし『WATCHMEN』の面白さ、ずっと愛されている理由は理解出来た。
そう思えるくらいに確実に刺激的な読書体験だったのは間違いない。

それからしばらくして、実写映画版を字幕と吹き替えの両方で観た。
ロールシャッハの吹き替えがどハマリしていることに
イスから転げ落ちそうになった。
その頃から山路和弘さんという役者のことを知ったように思う
(その後にジェイソン・ステイサムの吹き替えといえば……! 
 ということを知った。そこでもそのハマり具合にびっくりした)。
映画版は映画版で好きになった。OPを観ていて胸が熱くなるくらいに。
ここまで書いた後にこのブログで検索を掛けたら、
観る前に実写版の出来に不安を感じている自分の記述があった。
昔の自分に、そこまで怖がる心配はないよ、と言ってあげたい。


とまぁ、どうしてこんなことを突然書いたかといいますと。
現在小学館集英社プロダクションにて
絶好調刊行中の『バットマン:ノーマンズ・ランド』がとんでもないくらいの分厚さで、
しかもそれが後2冊続くかもしれないと考えた時に(現在2巻まで発売)、
なんで自分はこれを買っているんだろう……」と
ふと思ったからです。それで色々と考えたことを流れのままに記録しました。
別にそう思ったからといって購入意欲が下がった訳では無く、全巻揃える所存ですが。

ちなみに本記事のタイトルを「アメコミにハマったんだろう」ではなく
「買うようになったんだろう」としたのは、
購入しているものにあまりにも偏りがあるからです。
基本『バットマン』。MARVEL系は『デッドプール』くらい、といった感じ。
まだまだ読んでいないものも多く、未熟者です。

2008年に『ダークナイト』鑑賞、2009年に『WATCHMEN』購入、
2010年にDVDで実写版鑑賞といった流れ。
これの次に買ったのは確か『バットマン イヤーワン/イヤーツー』だったでしょうか。
『WATCHMEN』を買っていたからこそ、『バットマン』の邦訳を買うのにも
そんなに足踏みしなかったのかなぁと思います。
という訳で『ノーマンズ・ランド 2』を読み進めたいと思います。
それでは。
スポンサーサイト

映画雑談『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』

まずはこちらのニュースをどうぞ。

『ワイルド・スピード』第7弾、舞台は再び東京に! -シネマトゥデイ

『ワイルド・スピード』シリーズといえばアメリカを舞台に繰り広げられるカーアクション映画。
第2弾、第3弾で低迷したものの第4弾で第1作のメンバーが復活して「あれ、面白くね?」となり、
第5弾が(ストリートレース要素は薄くなったものの)アクション映画としては派手で面白く、
第6弾はもうすぐ公開&第7弾制作決定していて見事復活したシリーズであります。

そんなシリーズの制作決定した7作目の舞台が東京!
これはやはり3作目『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』を思い出さずにはいられない!

……とはいうものの。上にも書きましたがこの3作目、シリーズの低迷期に作られた作品です。
そもそも1作目の『ワイルド・スピード』はヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカーの
二人が主人公。その中でも前者の魅力が凄かった訳です。
しかし2作目はヴィン・ディーゼルは一切出ずにポール・ウォーカーが主役に。
けど1作目でメイン張ってた一人ですから、残念ではありますが文句はありません。

ところが3作目は全く関係無い人が主人公というね。
(4作目からは1作目のコンビ復活)
更に舞台がアメリカじゃなくて日本の東京なので
「タイトルを借りた全くの別物なんじゃねーのか?」と考えちゃうのは自然な流れです。

しかし!
私はこの作品をCSで初めて観た時にこう思った訳です。「意外と悪くないじゃん」と。
もちろん観る前の心の中のハードルが滅茶苦茶低かった可能性も無きにしもあらずですし、
「やっぱり駄目だよ……」と思う人の気持ちもなんとなく分かります。

分かるけれども!
今回は『TOKYO DRIFT』の「良いなぁ」と私が思ったところを記し、
来るべき『ワイルド・スピード7 TOKYO DRIFT2』(勝手に命名)に
備えましょうじゃないですか。『X3』を観てみるのも良しですよ。


①日本人の役者が出てる!
日本が舞台ということで、日本国内で有名と思われる役者さんが出ております。
代表例として挙げるなら妻夫木聡さん、真木よう子さんでしょうか。
まぁ数秒の出演なんですけどね。
この作品で一番目立ってる日本人キャストで若者に人気がある人というと、
やっぱり北川景子さんじゃないでしょうか。
なんたって役どころが主人公の友人の一人ですから。
ただ台詞が少ない……。
観ていて『マイティ・ソー』における浅野忠信さんを思い出しましたよ。
他にも見覚えのある人達がちょろっと出てますので、それに注目するのも良いですよ。
終盤は「やっぱり日本人といったらこの人なのか!」って人も出ますし。

②ヘンテコな日本描写
先に書いておきますが、この作品の中で描かれる日本描写はwikipediaによると
意図的にやったものだとか。ジョークとして過度に描いたらしいんですね。
ですから日本人である私達は「ありえねぇ~(笑)」と気軽に楽しめば良いのです。
その描写に関してはもう挙げればキリがないレベル
序盤から「こんな学校あんのかよ!?」の連続ととなることは必至です。
あんな飯が出るわけねーだろ!」とかね。
でももしかしたら知らないだけであるのかなぁ、どうなのかなぁ。

そんな中で私が好きなのは学ランを着たアメリカ人の主人公が、
学校へ行く途中で満員電車に揉まれているシーン。
人の波に戸惑っている主人公の姿がなんか新鮮でした。
「日本の警察舐めない方が良いよ、交通に関しちゃ恐ろしいよ」って思うところもあります。

③スタンダードな成長物語
この映画のお話は至ってシンプルです。
ストリートカーレースで問題を起こし母親に愛想を尽かされ、
父親のいる東京に住むことになってしまった主人公。
そんな主人公が東京でもカーレースをやってしまい、ライバル的キャラに負けてしまうと。
彼はライバルに勝つ為に未知の土地で自らのドライブ・テクを磨いていくのです。
その中で育まれる友情、恋……意外と普通の青春モノやってる訳ですよ。
それが逆にシリーズの他の作品とも浮いちゃってる訳ですが……でも変に凝ってない分
退屈はしない物語展開ですよ。

④カーアクションがカッコいい!
この作品で重要になってくるのが「ドリフト」です。
「ドリフトって何?」と思う方。ここよりも詳しく説明しているところはありますが、
急カーブをカッコよく曲がる!」と思っていただければ。
ドリフトの心得が無い主人公はそれを鍛えていくのです。
日本はドリフト走行発祥の地だとか。ちゃんとそれに対するリスペクトなのか、
元祖ドリフトキングと呼ばれる土屋圭市さんという方がカメオ出演しています。
僕は全く知りませんでしたが、それでも玄人感が出ていて中々素敵でしたよ。
とにかくドリフト走行にこだわっているカーアクションが本当に最高です。観る価値あります。

⑤一応シリーズに繋がる作品である。
最初に「タイトルを借りた全くの別物なんじゃねーのか?」なんて書きましたけど、
やっぱりこの作品は「『ワイルド・スピード』シリーズの一編」なんですよね。
その象徴的キャラがサン・カン演じる「ハン」という男です。
彼はこの作品で主人公の素質を見出す師匠的役割を持つ人なんですが、
とにかくカッコいい!
飄々としていて、でもどこか冷めた部分もあって、色んな過去を思わせる男です。
そしてこのハン、4、5作目に登場。
すっかりレギュラーキャラになっちゃってるんですよ。カッコいいから良いですけど。
なんでこんなことになっているかというと、3作目に監督を任された
ジャスティン・リンが新作の6作目まで監督を務めているからなんですね。
しかもこの「ハン」というキャラクターは監督の別の作品に既に登場しているんだとか。
とにかく「ハン」の存在によってこの作品もシリーズの一つになったのです。
他にも一つ繋がってることが分かる要素があるんですが、これは秘密。
最後まで観れば分かります。


……とまぁ、ここまで書いてきた訳ですが。
もちろん不満もあるんですよ。「主人公のライバルがちょっと小物過ぎじゃないか」とか。
ただそれでも良いという部分も結構あるし、話は普通だから変に外れることも無いですし、
微笑ましく自分の国を見つめることが出来るしで、中々な映画だと思うのです。
ただこんなに褒めた感じで進めておいてなんですが、この映画は物語展開の都合により
シリーズの時系列が一番最後になってます。
1→2→4→5→6→3になっているんですよね。つまり観なくても……。

でも「『ワイルド・スピード』のハン」はこの作品で初登場した訳ですし、
再び書きますがカーアクションはカッコいいし、観てみる価値はあると思います。
そして第7弾に備えましょう、えぇ。


ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT [Blu-ray]ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT [Blu-ray]
(2012/04/13)
ルーカス・ブラック、ナタリー・ケリー 他

商品詳細を見る


ワイルド・スピード MEGA MAX [Blu-ray]ワイルド・スピード MEGA MAX [Blu-ray]
(2012/08/03)
ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー 他

商品詳細を見る

映画雑談『となりのトトロ』

となりのトトロ』って、ご存知ですか?
この質問で「知ってるけど観たこと無い」って人は結構いるかもしれませんが、
「知らない」と答える人はあまりいない気がします。
この映画はスタジオジブリ制作による宮崎駿監督のアニメーション映画作品です。
(「宮崎監督? ジブリ? 何それ?」という方がいたら、調べたらすぐ出ます)

『となりのトトロ』は田舎に引っ越してきた「草壁一家」の
姉妹「サツキ」と「メイ」が不思議な生き物である「トトロ」と
不思議な交流をするという物語です。

私はこの作品結構好きな方で、テレビでやってたら途中からでも観ちゃうタイプ。
トトロは三匹出てくるんですけど、私は青色の「中トトロ」が好きです。
丸々とした体格を持ちながら軽やかに歩く感じがツボ。

で、実はちょっと前に『となりのトトロ』を最初からちゃんと観る機会がありまして。
それで「あれ、こんなだったかぁ!」と感じることがありました。
それは「トトロ出てくるの遅っ!」ということ。

いや本当驚きました。
『となりのトトロ』ってタイトルなのにそのトトロが出てくるのが遅いんですよ。
じゃぁトトロが全く出てくる気配が無いのに、どうやって観る人の興味を持続させているのか?
それが「ススワタリ」の存在と新しい家探検ではないかと思うのです。

ススワタリとは、架空の妖怪のこと。「まっくろくろすけ」と言った方が一般的か。
周りを煤だらけにするのが好きな妖怪だそうで。
草壁一家が引っ越してきた家に、そのススワタリがいるようないないような……という話で
話を引っ張っていくんですね。つまり前半は『となりのトトロ』というより
やねうらのまっくろくろすけ』といった感じ。
まぁこの存在がいることで「この町には不思議なものが息づいている?」といった興味が
新たに生まれるのですが。

と同時に進められるのが、サツキとメイによる引越し先の家探検的パート。
お父さんに用事を頼まれて、二人が家の中を駆け回ります。
私は個人的にこのパートが大好き。なんかワクワクしてくるんですよね。
階段からどんぐりが落ちてくるところは若干ホラーというか不気味というか。
大きな階段を全身を使って昇ろうとするのも良いです。
……以上、二つの話が同時並行で進められつつ、今後の展開に関係する人間達も登場します。

そして夜。薪を取りに外に出たサツキが、とんでもない強風に遭います。
ここで何かがありそうな予感を感じさせながら(その後も少し話あるけど)、次のパートへ。
そこからトトロ登場の流れが出始めていくのです。

改めて観てみると、「ススワタリ=まっくろくろすけ、結構重要じゃないか」と思いました。
トトロいう右ストレートを出す前の左ジャブ、とでもいいましょうか(なんだそれ)。
最初から『トトロ』の存在を匂わせても良いような気がしなくも無いですが、
これはこれでということで。

『となりのトトロ』は「ネコバス」といった魅力的なキャラクターも出て来て、
そういう不思議な生き物達の仕草を楽しんだり、
時間が止まってるんじゃないかと錯覚してしまうほどの田舎の静けさを
感じたりする映画だと思います。少女達の成長は描かれていないのではと思ってるんですが、
それでも楽しい映画です。もし観ていない方がいたら、一度観てみると良いと思います。

そういえば今度の宮崎駿監督最新作『風立ちぬ』の主人公の外見、
『となりのトトロ』のサツキとメイのお父さんにそっくりなんですよねぇ。
彼の妻、つまりサツキとメイの母親は病弱で入院しています。
一方の『風立ちぬ』も原作となるであろう小説を読む限り、似た感じの設定が。
こちらには娘はいないのですが、病弱な主人公の婚約者である女性が入院しています。
もちろんこの二つは繋がった作品ではないですけど、『風立ちぬ』は『となりのトトロ』での
草壁夫婦に焦点が当たった話、というようなイメージで良いのでしょうか。
今から公開が楽しみです


となりのトトロ [Blu-ray]となりのトトロ [Blu-ray]
(2012/07/18)
不明

商品詳細を見る


風立ちぬ風立ちぬ
(2012/09/13)
堀 辰雄

商品詳細を見る

映画雑談『あしたのジョー』

以前観た映画作品をネタに思い出したことを書いていこうという趣旨。
続けられるか分からないけどもやってみようかと思います。

そういう訳で今回は『あしたのジョー』。
一応基本として、2011年に公開された実写映画版を取り上げます。
なぜ「基本」というと、他の映像化作品に少し触れる為です。

それでこの作品、このブログでも感想を書いていました
これにも書いておりますが、私、原作漫画の方を読んでいないです。
2013年になってもまだ読んでおらず、相も変わらず不届き者です。すいません。

改めて読んでみると、やっぱり伊勢谷友介さんを褒めているなぁという印象。
今考えてみても雰囲気だったり実際にやった減量後の姿も凄かったですから。

ただ香川照之さんに関しては、ちょっと思うところが増えたんですよねぇ。
もちろん褒めてた部分を否定するつもりは無いんですけど、実はその後「ある作品」を観て
2011年版の特殊メイクに対して色々と考えたんですよ。

その「ある作品」とは、『あしたのジョー』。
といっても、1970年版なんですけど。
確か2011年版がCSで初放送されることになって、その流れでこの1970年版もCSで
放送されることになったんですよ。で、私はそれを観たんです。
1970年版は131分ぐらいの2011年版に対し、確か90分ぐらいの作品。
にも関わらず力石戦までやるので、結構ハイペースで話が進んでいきます。
ボクシングの試合部分も2011年版と比べたら「……」と正直なっちゃいました。

そんな作品なんですけど、登場人物達の雰囲気が個人的には最高だったんですよ。
特に石橋正次さんが演じる「矢吹丈」と辰巳柳太郎さん演じる「丹下段平」が。
私が特殊メイク云々を感じたのは、もちろん後者を観て。
1970年版の丹下段平はスキンヘッドじゃないんですね、眼帯はつけてますけど。
でも、雰囲気がもうまんま丹下段平なんですよ。
伊勢谷さんが演じる「力石徹」を観て「あっ、力石だ!」と感じるぐらいに。
泪橋の意味を語るところなんて胸が熱くなります。

それで思ったんですが(全ての漫画原作実写作品にいえますけど)、
特殊メイクを使って外見を限りなく原作に近づけるより、
そのキャラと似た雰囲気が出せる人を使えば良いんじゃないかと。
個人的に漫画・アニメと実写は違うものだし、外見再現にはそんなに力を入れなくて
良いんじゃないかなぁと思うんですよねぇ、あくまでそこそこで。
まぁその前に、あるキャラクターと似た雰囲気を持つor出せる役者さんとは
全く違う俳優・女優さんが選ばれてしまう事情があるんでしょうけど。
だから外見を似せる方向に行くのだろうと思います。
(雰囲気も外見も『どうよ?』って作品もありますが……)
でも香川さんはああいうスキンヘッドメイクしなくても魅せれるぐらいの
役者さんだと思うんだけどなぁ~。

なんてことを1970年版を観た後だと考えるようになりました。
1970年版は他にも色々と良い部分があるので、一度観てみるのもアリかと。
2011年版と比較するのも面白いかもしれませんね。


あしたのジョー スタンダード・エディション [DVD]あしたのジョー スタンダード・エディション [DVD]
(2011/08/19)
山下智久、伊勢谷友介 他

商品詳細を見る


あしたのジョー (実写版) [DVD]あしたのジョー (実写版) [DVD]
(2011/02/04)
石橋正次、辰巳柳太郎 他

商品詳細を見る
プロフィール

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード