トゥルーマン・ショー

ジム・キャリーという俳優さんをご存知でしょうか。
この人は色々なコメディ映画に出ている人で、私も知っている俳優さんです。
今まで私はこの人が出ている映画といえば?ということを考えると、いつも出るのは『マスク』でした。
といっても、私が見たジム・キャリーの出ている映画はそれと『バットマン・フォーエヴァー』というかなり少ないものだったのですが。

そんな僕が今回見た映画がジム・キャリー主演の映画、『トゥルーマン・ショー』です。
同じような平凡な毎日を送り、保険会社に勤めるトゥルーマンという男。
彼の住む街は港町なのですが、実はその街は放送局によって作られた巨大セットで、街に住む人達は全員役者。彼は生まれた時から24時間人生の全てを撮影され、それがTVで流されていたのです。
もちろん彼はその事については知りません。しかしある事をきっかけに違和感を抱き、次第にその作られた街の外から出ようとし始めるのです。

最初はただのコメディー映画かと思っていたのですが、
見終わった後にはコメディーだけではない、なんて良い映画だったんだろうと感心しておりました。
印象深いのは主人公のトゥルーマンを演じるジム・キャリーの笑顔。
映画の中で彼はよく笑顔を見せるのですが、その笑顔がとても明るくて良いんです。
私的には理想の笑顔って感じですね。逆に胡散臭さもバッチリの笑顔ですよ。

それと番組内というか、街の中の人間に指示を送る演出家のポジションにいる男がいるのですが、
彼はトゥルーマンが生まれる前からずっとトゥルーマンの事を見続けていて、彼の全てを知っています。
私はそんな彼が自分のことを、
トゥルーマンの父親だと思って成長を見続けてきたんだろうなあって思いました。
そう思うと、ラストのシーンが親離れをしようとする子どもを必死で止めようとする父親のように見えましたね。

この映画、後日談的なものについては具体的に描かれる事はありません。
でもそれは当たり前で、トゥルーマンが自分の住んでいた街から出たらそこでショーは終わりだからです。
街から出たら後は彼の人生。あの人には会えたのか、どう生きていくのか。
色々考えてみるのも面白いのではないでしょうか。


小五郎のおっちゃんの声が変わる事に驚いた晩
トゥルーマン・ショー(通常版) [DVD]トゥルーマン・ショー(通常版) [DVD]
(2006/04/21)
ジム・キャリーエド・ハリス

商品詳細を見る

トゥルーマン・ショー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]トゥルーマン・ショー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2008/06/20)
ジム・キャリーエド・ハリス

商品詳細を見る
スポンサーサイト

劇場版『仮面ライダーアギト projectG4』

友人が「一番面白い平成ライダー映画だ!」と言っているのでTSUTAYAに借りに行きました。
思えば仮面ライダー龍騎(りゅうき)以降の映画は見たことはあっても、
それ以前のアギトの映画は見たことが無かった気がします。
借りに行くとなんと通常版ではなくDC版(ディレクターズカット版。カットされた映像が追加されてる。)
がレンタル中ではありませんか。これは嬉しい。ということで見たのはDC版です。
でも通常版見た方がどこのシーンが追加されたのか違いが分かって楽しめるのような気がする、
なんて最初は思いましたが、チャプターメニューを見るとDC版で追加されたシーンをまとめたカテゴリが。
これは親切ですね。

内容に関しては最後まで飽きることなく見ることが出来ました。
一番は仮面ライダーG3-Xこと氷川誠がカッコいいことですね。というか題材的にも必然的に
彼が主役になっちゃいますね。もちろんアギトの津上翔一やギルスの葦原涼もカッコいいんですが。

平成ライダー映画恒例の強化フォームをTV版より一足早くお披露目もやっぱりあります。
シャイニングフォームカッコいいですねえ、エクシードギルスも一味違った魅力があります。
思えばこの映画は平成ライダーにとってシリーズにおいて初めての劇場用映画。
当時はTV版より早く見る事が出来て驚いた人も居たんでしょうかね。

そして痺れたのは初代仮面ライダーで本郷猛役を演じてた藤岡弘、さんが警視総監役で出たこと。
佇まいといい一言一言の言葉といい、どうしてこの人はこんなに渋くてカッコいいんでしょう。
ファンサービスとしては充分な出番だったような気がします。

最後にはTV版の物語の今後を表すような映像が。
一応どうなっていくかは知ってるんですけど(TV版は見てたので)、
こういうのを見ちゃうともう一度見たくなってきちゃいますよ。最後のTV版同様の引きといいたまらん。

今度また何かライダー映画借りて見ようかな、なんて思ってます(一度見たとか見ていないとか関係なく)。
555(ファイズ)、キバ辺りかなあ。思えばどれも同じ脚本家と監督だ。


EDのウルフルズの曲、良い曲だけど合ってない気が……。
仮面ライダーアギト PROJECT G4 ディレクターズ・カット版 [DVD]仮面ライダーアギト PROJECT G4 ディレクターズ・カット版 [DVD]
(2002/08/09)
特撮(映像)

商品詳細を見る

レジェンドライダーシリーズ 変身ベルト 仮面ライダーアギトレジェンドライダーシリーズ 変身ベルト 仮面ライダーアギト
(2009/08/08)
バンダイ

商品詳細を見る

映画 のび太の結婚前夜

CSのテレ朝チャンネルでやってたのを偶然見つけて視聴しました。
何度も見てるというのにどうして感動しちゃうんだろうか。
30分っていう短い時間の間に何度もウルっとさせるのはさすがといったところでしょうか。
更に久々に旧ドラの絵と声が見れたのも良い収穫でした。

終盤の大人しずかちゃんとしずかちゃんのお父さんとの会話が良いのはもちろんですが、
それと同時刻に起きてる大人のび太側の話も良いんですよねぇ。
かつての仲間達と酒酌み交わして楽しく話したり、自分の恩師である小学校の先生との会話、
そして土手で寝転がって星空を見ながら「ドラえもん・・・」って呟くシーン。
たまらないったらありゃしない。

とどめにこの作品の主題歌である「幸せのドア」と共に流れるED映像。このコンボはヤバいです。
他にもいっぱい良いシーンあるんですよ。

そんな作品ですがもちろん 藤子・F・不二雄先生のお描きになった『のび太の結婚前夜』というお話が原作にあり、TVでも当然アニメ化されてます。
この映画はそれのリメイク版です。

僕は原作の方は見たこと無いのですが、TVでやった『のび太の結婚式?!』は一度見たことがあります。
こちらも話の流れは基本的には変わらないのですが(猫を空港に送り届けるのは確か無かった)、
大人スネ夫が『お嫁サンバ』歌ってたり、しずかちゃんのお父さんの姿が映画とは異なっていたりと違うところがあります。

そして最大の違いは、TV版でやった話ではのび太のお父さんお母さんが結婚する事になったのび太の事を案じながら会話するシーンがあるのですが、映画版ではそれが無い事です。
このシーン結構好きなんで一度見てみるのも良いかもしれません。

映画終了後のCMで今年のドラえもんの新作映画の発表が。
緑の巨人伝に続く新作映画かつ30周年記念作品ってことで、力入ってるんでしょうかね。
楽しみといえば楽しみです。


ドラえもんズ復活は無さそうだな……。
映画のび太の結婚前夜/ザ・ドラえもんズ おかしなお菓子なオカシナナ?/ドラミちゃん アララ・少年山賊団 [DVD]映画のび太の結婚前夜/ザ・ドラえもんズ おかしなお菓子なオカシナナ?/ドラミちゃん アララ・少年山賊団 [DVD]
(2003/11/19)
大山のぶ代小原乃梨子

商品詳細を見る

サマーウォーズと20世紀少年~最終章~

今日は映画が一本1000円見れる日。
金銭的に余裕あったので朝から映画館行って二本見てきました。これで2000円。安い。
見たのは『サマーウォーズ』と『20世紀少年~最終章~ 僕らの旗』。
どちらも気になってた映画だったんでこの二つにしました。

『サマーウォーズ』
凄く簡単に要約すると、自分の分身というべきアバターを作ってコミュニケーションやゲームが出来る世界規模に広がったネット内仮想世界『OZ』。そのOZで起きたトラブルを主人公とヒロイン、そしてそのヒロインの大家族が協力して解決しようとするお話。
OZでの展開をどこかで見たな、という気持ちに駆られていましたが、監督が『細田守』だったことを思い出し納得。これデジモン映画の『僕らのウォーゲーム』(詳しくはリンク先の劇場版カテゴリ)みたいなものか、と。
主人公達の使うアバターが人間って感じじゃないんで更にデジモンっぽく見えた。特にキングカズマってアバター、なんかデジモンの進化態として出てきそう。
しかしどこかで見たとは思ってもそのまま同じって訳ではないので、ウォーゲームを少し前に久々に見たって人でも大丈夫だと思います。

あと終盤であるゲームが行われるのですが、そのシーンがお気に入りです。
昔何度かやる機会があって(今じゃすっかりルールは忘れましたが)、役が揃った時の快感みたいなものが、昔やった時の自分と重なった気がしました。ビシッと決まるのが良いんですよねえ、アレ。

予告編見た当初は頭からっぽにして楽しめる映画かなと思っていましたが、
ヒロインの曾祖母であるおばあちゃん関連は正直感動しました。
もうこのおばあちゃんがヒロインで良いんじゃないかなってぐらい。それぐらい存在感あります。
残りの親戚もそれぞれキャラが立っており、こちらも印象深かった。佳主馬は見せ場あるし人気出そうだなあ。テンポ良く進んで飽きない作りになってると思いますので、映画館に行って見るのをおすすめします。


『20世紀少年~最終章~ 僕らの旗』
思えば日テレスポンサーの映画を二本見たということになりますね。
しかもどちらにもある俳優が出演してたという共通点。
三部作の完結編ってことで色々謎が明らかになり、そこは面白かったです。
あとCG。凄い。予告にも出てたUFO凄い。出撃シーンは見ものですよ。
ただ色々ぶつ切りになってるような所もあったような気がするんですが、そこはいつものように『もう一つの最終章』ってのをするんでしょうかね。
絶対、TV版と劇場版を合わせた完全版DVD-BOX出そうですねこれは。
ケンヂの歌が印象に残ってて、家に帰る時に少し口ずさんじゃいましたね。

さて、この作品は予告編やCMで何度も知らされてるようにスタッフロールが流れた後本編が続きます。
その本編が結構重要らしい。チケット買う時も席は立たないで下さいと言われました。
これから見に行く人はトイレ行きたくならないように必ず色々済ませておいた方が良いかもしれない。
そしてそんな肝心のED後の本編、ここはとっても良かった。
僕は原作未読なのですが、この結末は良いなって思いましたよ。漫画の方はどうなってるんだろう。
(「訳が分からなかった」など色々な声は聞きましたけど)

そういうわけで終わったこの20世紀少年シリーズ。
最終章がDVD化されたらもちろんレンタルするのですが、
もしもいつか完全版DVDが出て、もしもレンタルが開始されたのなら、もう一度最初から見るのも悪くないのかもしれません。

・以下余談
第一章でロボットもどきを作った敷島博士が最終章にも出てくる。大切な人がともだちに粛清されて目が覚めたと言いますが、博士が開発し、最終章で使われるある物を語る時の顔を見たときは「なんてやつだ」と一瞬思った。しかしよく考えてみると、先日少しだけ紹介した今川版鉄人28号に出てくる敷島博士(もちろんこれとは無関係)も、鉄人のことになると周りが見えなくなっていた。敷島博士=マッドサイエンティストという認識は色んなところであるんだろうか。


僕らの夏の夢/ミューズ僕らの夏の夢/ミューズ
(2009/08/19)
山下達郎

商品詳細を見る
プロフィール

ヤギメロ

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード