スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カッコ良過ぎた『復讐捜査線』。

俳優「メル・ギブソン」さん主演のアクションありのサスペンス映画です。
この『復讐捜査線』ってタイトルは邦題で、原題は『Edge Of Darkness』といいます。
メル・ギブソンは『サイン』という映画から8年ぶりの主演を務めました。
私はこの『サイン』、劇場に観に行きました。
というか自分がメル・ギブソン主演映画で劇場に観にいった映画って、
『サイン』ぐらいな気がします。後はTVとかで観たぐらいかもしれません。
それから色々問題起こしたりしてパッタリ映画に出なくなった彼が久々に、しかも主演で出る。
あらすじも面白そうだったので、観にいくことにして行ってまいりました。
公式サイトはこちら

以下伏字
ボストン警察の刑事「トーマス・クレイブン」は企業の研修生として働き始めていた娘
「エマ・クレイブン」と久々に再会します。エマはトーマスの一人娘で、とても大事な子です。
そんなエマがとても体調を悪そうにしていたので、彼女の訴えもありトーマスは病院に
連れて行こうとします。しかし扉を開けた瞬間、謎の人物によってエマは殺されてしまいます。
このエマの殺され方が本当に突然で、結構ショッキングです。しかもトーマスの目の前で
死んでしまうんです。エマ役の「ボヤナ・ノヴァコヴィッチ」さんの死に様演技も上手すぎて
「うわやべぇ……」と観てるこっちも呆然としてしまいました。

それからトーマスは娘の死の謎を追いかけ始めるんですが、そのトーマスの表情が私は印象に
残っています。娘が殺されたからもうとんでもなく怒った感じになるかと思いきや、
怒りの沸点を超えすぎて逆に覚めた表情になっていたのが(当たり前なことでしょうが)
「メル・ギブソン凄い……」と思わされました。
また、時に娘を想い悲しい顔になるのも、哀愁が漂っていて良かったです。
彼の表情一つ一つがこの映画の見所の一つでもあるような気がします。

そういえばこの映画ではトーマスの妻の姿が一切出てきませんでした。
生きてたら少しは出てくるでしょうから、やはり早くに亡くなっているんでしょうね。
亡くなっていたとしても3人が写ってる写真ぐらいあっても良いんじゃないかとも思いましたが、
「娘を想う父親の気持ち」をこの作品では特に強調したかったからそういうところは
削ぎ落としたのではないかと思います。
久々に会った娘と車の中で「何話せば良いか分からないけど何か話したい」と思わせてくれる姿含め、
娘を愛する父親の気持ちが前面に出ている作品でしたね。

この映画、主要な登場人物の中に女性は少ししかいません。もうほとんど男ばかり。男臭いです。
しかも全員不穏な雰囲気を身に纏っていて、誰もが怪しいと思わされます。
画面からは終始緊張感が漂っていました。
特に登場人物の一人「ジェドバーグ」はそんな怪しさやカッコよさを持った男です。
外見は太っているおじさんなのですが、喋る言葉・葉巻を吸う姿・酒を飲む姿など、
一つ一つからカッコよさが滲み出ていました。最初から最後まで美味しいキャラでしたよ。

上で「アクションあり」と書きましたが、頻繁にアクションがある訳ではありません。
しかし時折入ってくるアクションがインパクト強いので、とても印象に残ります。
特に印象に残ったのは、エマに関係のある女性を車で轢き更にトーマスも轢きにかかるシーンです。
トーマスの相手の車への対処法がカッコよくて、心が熱くなりましたね。

ストーリーは「茶会事件」という言葉が会話の中で出てきたり、
放射能物質が物語の中心になったりと、現代の問題を扱っている感じでした。
(加筆)今思い出しましたけど、映画に出てくるミルクのシーンは現在日本じゃ結構危ない描写ですね。

伏字終了

息を呑む怒涛の展開、主人公の真実への必死な追走などなど。
とても面白く観させていただきました。
メル・ギブソンが好きな方はもちろん、サスペンスモノが好きな方や渋い映画が好きな方にも
お薦めの映画です。興味のある方、是非どうぞ。
リーサル・ウェポン コレクション(5枚組) 【初回限定生産】 [Blu-ray]リーサル・ウェポン コレクション(5枚組) 【初回限定生産】 [Blu-ray]
(2010/12/07)
メル・ギブソン、ダニー・グローバー 他

商品詳細を見る

サイン [Blu-ray]サイン [Blu-ray]
(2010/12/22)
メル・ギブソン、ホアキン・フェニックス 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

『コクリコ坂から』について

スタジオ・ジブリ制作『ゲド戦記』で初監督を務めた「宮崎吾朗」さん。
そんな彼の最新作であり、ジブリの最新作でもあるのが『コクリコ坂から』です。
脚本は吾朗氏の父親であり説明不要の人物「宮崎駿」さんと「丹羽圭子」さん。
公式サイトはこちら

正直『ゲド戦記』はあまり好きではないので、今回発表直後はそんなに期待していませんでした。
でも映画館で流れ始めたテーマ曲「さよならの夏」が流れる予告編を観た時は、
「あぁ、好きな雰囲気だなぁ」なんて思い、観にいこうかなぁなんて思い始めてたんですね。
そんな時に「脚本 コクリコ坂から」という本が発売。映画の脚本が公開前に発売したのです。
書店に置いてあったので、ついつい購入して読破。
映像のない脚本段階のものではありますが、私はそれを読んで「自分が好きなタイプの話だなぁ」
とか思ったり。そんな訳で少しずつ少しずつ期待感が上がっていました。

それで気まぐれに応募した『コクリコ坂から』の試写会になんと当選。
知り合いと二人で実際に観にいったところ、上映後は心地よい満足感がありました。
自分的にはとても良い映画でしたので、「これは公開したら金払ってもう一回観よう!」とか
試写会直後は思ったりしました。そして、実際に劇場に行った訳です。

以下伏字
「惹かれつつあった二人が、実は血が繋がっていた……?」という恋愛関係が
物語のメインかと思いきや、重要ではあるけれど脇ストーリーな感じがしました。
もちろん主人公の「小松崎 海(こまつざき うみ)」が「風間 俊(かざま しゅん)」に
告白するシーンなんか涙腺弱い私としてはグッときたりしましたが。
個人的にこの映画のメインはボロボロの文化部部室棟の通称「カルチェラタン」の建て壊しを
巡ってワイワイとやる日々や、海の小さな心の成長だったような気がします。
前者は男子学生達が血気盛んにワイワイしたり、女子学生が来るとちょっとカッコいいところ
見せようと頑張ったりするところが良かったです。
自分はこういう青春モノが好きなんだろうな、と改めて認識しました。
(『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』の文化祭準備シーン的な何かが。)
後者は辛いことがあっても今ある自分の日常を頑張っていこうとする海の姿が良かったです。
夢の中では母親はいつも家にいて、そして死んだお父さんは生きていて、
お父さんの胸に飛び込むことが出来た。そんな当たり前であるはずのことが出来ないけど、
それでも生きていく。そんな一連の流れにグッときました。

キャラクターは男キャラだと「水沼 史郎(みずぬま しろう)」が最後までイケメンだった気がします。
メインどころが男2人女1人だと、どっちかの男は大体有能ですね。俊も良い男ですが。
女キャラで個人的に好きになったのは「広小路 幸子(ひろこうじ さちこ)」ですかね。
簡単に言っちゃえば天然ボケなキャラです。飯食うシーンとか所々存在感ありますよ。

音楽はどれも良かったです。使いすぎじゃないかなとか思ったりもしましたが。
ただ試写会一緒に行った知り合いが「なんかミュージカルチックな部分もありましたね」と
言っていたのはなんかなるほど、とか思ったりしました。

伏字終了

『耳をすませば』タイプの映画です。とことん現実感を出そうと頑張ってます。
冒険活劇的な盛り上がりは無いですかね。終盤辺りなんとかその要素を入れようとしてるのでは
ないかと勘繰ってしまうシーンはあるにはあるんですが。
次回のジブリ作品はどんな感じになっていくのでしょうかね。本当にファンタジーから離れるのか?

とりあえず今回は満足出来たので、次も期待したいと思います。
意外と爽やかな映画でしたので、興味があれば是非どうぞ。


戦艦シーン気合入ってる気がした。
コクリコ坂から サウンドトラックコクリコ坂から サウンドトラック
(2011/07/13)
武部聡志

商品詳細を見る

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー [DVD]うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー [DVD]
(2002/09/21)
平野文、古川登志夫 他

商品詳細を見る

フラ~っと、『マイティ・ソー』を観にいった。

急に映画を観に行きたくなること、ありますでしょうか?
今日そんな気持ちが私の中に突然雷のごとく降ってきました。
「なんかやってないのかな~」と近くの映画館のHPを見ると、
前々から気になってた作品がやっていることを知りました。しかも今日が公開日。
それが『マイティ・ソー』。アメリカの出版社「マーベル・コミック」で刊行されている
アメコミが原作の映画です。私は読んだことないです。
この『マイティ・ソー』の他、既に公開した『アイアンマン1・2』『インクレディブル・ハルク』
そして今後公開される『キャプテン・アメリカ: ザ・ファースト・アベンジャー』の主役達が
一同に介して大活躍する『ジ・アベンジャーズ』という映画が公開されるとのこと。
その大プロジェクトの一つという訳ですね、『マイティ・ソー』。
公式サイトはこちら

以下伏字
主人公「ソー」は北欧神話に出てくる神々が住んでいる世界「アスガルド」の王、
「オーディン」の息子です。つまりいずれアスガルドの王様になる訳ですね。
そういう訳か、「ガンガン戦ってこうぜ!」的な性格でありながらも礼節はしっかりとした
非常に紳士的な男です。しかも話が進んでいくと考えも変わっていって、
最終的には立派な男になります。そんな姿がとってもカッコいい。
しかもとんでもなく強い。好戦的な性格なのも頷けます。上に書いたように段々変わっていきますが。
そんでもって友を大事にします。仲間達からソーは慕われています。
強くてカッコよくて紳士的。こんな気持ち良いくらいカッコいい主人公を観たのは
久々だった気がしました。そんなソーを俳優「クリス・ヘムズワース」さんが好演しています。
とにかく身体が凄い。上半身裸になるシーンありますが、見とれちゃいますね。

ヒロイン「ジェーン・フォスター」を演じたのは「ナタリー・ポートマン」さん。
『ブラック・スワン』ではアカデミー主演女優賞を受賞しました。
私は『ブラック・スワン』観ていないので、彼女を観るのが『Vフォー・ヴェンデッタ』以来です。
自身の研究に熱心になりながらも、ソーに段々惹かれて行く姿がとても可愛かったです。
可愛いといえば、「ダーシー」役の「カット・デニングス」も眼鏡姿が良かったです。

主人公、ヒロインが出てくるのならこういう映画にはラブロマンスは不可欠だと思います。
もちろんこの映画では互いに惹かれあった二人のキスシーンがあるんですけど、
そこでもソーの紳士さが出てて「兄貴カッコいい!!」となるキスシーンでした。

ストーリーは分かりやすいです。
笑えるところも色々あって、楽しく観ることが出来ます。
この映画は先程紹介したように『ジ・アベンジャーズ』の為の映画でもあるので、
それ用のネタも出てきました。また、同プロジェクトの一つ『アイアンマン』の名前を
使ったジョークも。その後洒落にならないことが起こるんですけどね。
ソーは最初アスガルドから追放され、地球に落ちます。その際超人的な力を奪われてしまいます。
その力を取り戻すところは凄く熱いです。一旦挫折するシーンがあるので、尚熱いです。

戦闘はCGを駆使した大迫力のものでした。
ただ今回3D映画だったんですが、3Dだからこそ凄いって訳でも無かったです。
3Dじゃなくても全然オッケーだったような気がします。でも大迫力です。

気になったのは、ラスボスとの戦いですかね。
黒幕は勘の良い人ならすぐに分かります。でもそこが重要ではありません。
個人的に大事なのはソーとどんなやり取り、闘いををするかということだと思います。
やり取りは黒幕のキャラとか生い立ちを考えれば普通だとは思うんですが(野望小さいですけど)、
闘いはもっと熾烈を極めたものにして欲しかった気がします。
先程書いたように、ソーってとんでもなく強いんですよね。力奪われて普通の人間になっても、
化け物と戦ったら瞬殺ですけど普通の人間とタイマン張ったら余裕で勝てるほどです。
そんな強いソーが苦戦する姿が観たかったといえば観たかったです(少し苦しみはしますが)。
ソーが使うハンマーは「ウルトラブレスレット」を思い出しました(知らない方、検索してみよう)。
でもそういう姿は『ジ・アベンジャーズ』で取っておいて、今回はソーのカッコよさに
惚れるという考え方もありかもしれません。

伏字終了

3D映画じゃなくても良いような気がしましたが、内容は非常に楽しめた作品でした。
この映画を観れば、ソー兄さんのカッコよさにやられるのではないでしょうか。
そういえば「浅野忠信」さんも出てますね。
彼演じる「ホーガン」含め、ソー以外のキャラクターも魅力たっぷりだと思います。
ヘイムダルさん好きになりました。
『ジ・アベンジャーズ』が気になっている方もそうでない方も、是非どうぞ。
……キャプテン・アメリカを観たくなりました。


3Dメガネ貰った。これで『カーズ2』行けるな……。
ソー:マイティ・アベンジャーソー:マイティ・アベンジャー
(2011/06/30)
ロジャー・ラングリッジ

商品詳細を見る

【ムービー・マスターピース】 『マイティ・ソー』 1/6スケールフィギュア ソー【ムービー・マスターピース】 『マイティ・ソー』 1/6スケールフィギュア ソー
(2011/06/14)
ホットトイズ

商品詳細を見る
プロフィール

ヤギメロ

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。