『仮面ライダーOOO(オーズ)』が終わりました。

今までの流れでいったら冬に映画あると思うんですが、どうなんですかね?
とりあえず最終回を迎えました『仮面ライダーOOO(オーズ)』(以下オーズ)。

『仮面ライダー電王』『侍戦隊シンケンジャー』など仮面ライダーと戦隊モノでメインライターを
務めたことのある(どっちかといえば戦隊の方が多い)小林靖子さんが話を盛り上げていきました。
プロデューサーは武部直美さんという女性の方で、『仮面ライダーキバ』も担当。
個人的に『仮面ライダーキバ』は好きです。

それで今回のオーズですが、終始非常に明るい感じの雰囲気だったような気がします。
そのおかげというべきなのかは分かりませんが、最終回までどす黒い雰囲気も特になく、
観易かったです。話は「五感が失われていく」とか「人間じゃなくなる?」とか結構重かったですが。
「欲望」っていう重たいものをテーマにしてる分、対照的な感じにしたのでしょうか。

それと結構印象的だったのがCGを使った派手な戦闘でした。
各フォームの必殺技はどれも派手で、とんでもなく強そうなイメージを与えましたね。
特に「シャウタコンボ」は液状化するので恐ろしい。
敵のタイプに合わせて好きにメダルを交換して相性の良い能力を使うってのも
なかなか面白かったです。途中で段々その場面が無くなっていっちゃったのは残念でしたけど。

登場人物達に関しては主人公の「火野映司」と「アンク」の二人の関係性がクローズアップ
されてましたね。この二人の関係の顛末が物語において重要な点になっていたような気がします。
私が個人的に好きだったのは「仮面ライダーバース」の「伊達明」です。
途中で退場しましたけど(すぐに復活しちゃいましたが)カッコよかったですね。
敵側のグリード達もそれぞれ面白いキャラ達でした。あまり強そうには見えませんでしたが。

それと仮面ライダーの放送1000回を記念した特別回が作られたり、
オールライダー映画で1号2号と競演したり、夏の映画では暴れん坊将軍と一緒に戦ったり、
コラボが多いライダーの印象がありました。

不満点としては……最終回は全然良かったと思うんですが、それまでの終盤の展開が結構
駆け足だったような気がします。もっと中盤でやっておいても良かったような要素があったように
思えました。特に私が好きな伊達明も、中盤で退場しておいた方が再度登場する時、
「おぉぉぉぉ復活したぁぁぁぁぁ!!」ってなったんじゃないかと個人的に思いました。
伊達明が中々退場しないので、仮面ライダーバースを継いだ「後藤慎太郎」がカッコよく
頑張る時間が短かったような気がします。後藤君は彼なりに頑張っていましたけど。

とまぁ色々と書きましたが、個人的には1年間楽しく観れた仮面ライダーでした。
最後はあるキャラがいなくなったりしましたが、冬の映画やるとしたら復活するんですかね。
するとしたらどんな感じになるのか楽しみにしつつ、『仮面ライダーフォーゼ』に
期待したいと思います。宇宙キターッ!


学生が主人公って、『ビーファイターカブト』思い出しますねぇ。
仮面ライダーOOO (オーズ) 変身ベルト DXオーズドライバー仮面ライダーOOO (オーズ) 変身ベルト DXオーズドライバー
(2010/09/04)
バンダイ

商品詳細を見る

ビーファイターカブト VOL.1 [DVD]ビーファイターカブト VOL.1 [DVD]
(2006/11/21)
特撮(映像)、中里栄臣 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

『SUPER スーパー!』を観る。

暑過ぎますね。
今日は『SUPER スーパー!』という前々から気になっていた映画を観に行こうと
渋谷まで行ったのですが、暑過ぎてまいりました。
途中水分補給しながらなんとか劇場まで足を運びましたよ。フラッとしました、フラっと。
肝心の『SUPER スーパー!』ですが、冴えない一般人がヒーローになって正義を行うというもの。
そういう点では『キック・アス』という映画に似てます。
しかしこの説明、自分で書くのも変ですが非常に大雑把です。蓋を開けてみると、似ているようで
結構違う気がしました。
公式サイトはこちら

以下伏字
まずこの映画、最初にアニメのOPが流れます。それがコミカルなのですが、実は結構エグい。
『SUPER スーパー!』(以下、スーパー!)という作品を表しているような表していないような、
そんなOPです。でもなかなか楽しい感じで良いですよ。

上にも書いたように『キック・アス』という映画がこの作品と似た感じですが、
あれよりもシビアな感じでした。
冴えない男が妻をドラッグの元締め「ジョック」に妻を奪われ悲しみに暮れる中、神の啓示を
受けてヒーローになります。ヒーローとして活動していく中で妻を取り戻そうと、
ジョックの屋敷に乗り込みます。そして最後には冴えない主人公に小さな変化が訪れるます。
そんな過程の中で「ヒーローとは何か」ということが描かれていました。終盤の主人公とジョック
とのやり取りのシーンにはそんな「ヒーローとは何か」についてが詰まっています。

主人公フランクを演じた「レイン・ウィルソン」さんを筆頭に、
まさに悪い男、という感じでジョックを演じた「ケヴィン・ベーコン」さん、
アメコミショップで働くヒーロー好きの女の子リビーを演じた「エレン・ペイジ」さんなど役者陣
はどの方も良かったです。特にリビーは過激でハチャメチャな女の子で、この映画で一番ヤバい
のはこのリビーなんじゃないかと思わされました。狂気という点では『バットマン』のジョーカー
とかハーレイ・クインのような……(さすがにいい過ぎ?)。
主人公にとんでもなくマニアックな行為を求めてきたりもするので、とんでもないです。
「エレン・ペイジ」さんが出ている作品は私は『インセプション』とか
X-MEN:ファイナル・ディシジョン』ぐらいしか観たこと無かったので、今回の演じっぷり
は凄いなぁと思いました。というかヤバいです、本当。

全体的にコメディ描写も結構多く、ほとんど観てて笑えるシーンでいっぱいでした。
と同時に、結構グロいです。そもそもフランクがなるヒーロー「クリムゾン・ボルト」の武器が
配管用のレンチですからね。それで殴られたらそりゃドバッと出ますよ血が。
終盤ある人物が死にます。その死に様はなんともあっけなく、グロさとこの映画のシビアさの両面
が詰まったシーンでは無いかと思いました。現実は漫画みたいに上手くいかないですね。

主人公フランクに起こる小さな変化とは一体何なのか。
ラストは切なさと小さい暖かさがあったような、そんな終わり方でした。

それにしてもフランクがヒーローになるきっかけとなった神の啓示を受けるシーンや、
フランクが見るヒーロー番組が結構変。しかし後者みたいな番組やそれを流しているチャンネルが
実際にはアメリカにあるらしいですね。
伏字終了

観てて笑えますが、単純にコメディ映画ともいえない感じです。
あんまり上手く表現出来ませんが、とてもカオスな作品だったような気がします。
結構面白いので、興味のある方は是非どうぞ。


『ローラーガールズダイアリー』観てみようかな。
ローラーガールズ・ダイアリー [DVD]ローラーガールズ・ダイアリー [DVD]
(2010/12/15)
ドリュー・バリモア、エレン・ペイジ 他

商品詳細を見る

キック・アス Blu-ray(特典DVD付2枚組)キック・アス Blu-ray(特典DVD付2枚組)
(2011/03/18)
アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ 他

商品詳細を見る
プロフィール

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード