『るろうに剣心』と『あなたへ』を観てきました。

『るろうに剣心』と『あなたへ』を観てきました。
前者は週刊少年ジャンプで連載されていた人気漫画が原作の映画で、
後者は俳優「高倉健」が6年ぶりに主演を務めた205本目の出演作の映画です。

本来なら二本とも感想を書いてあげたいところだったんですが、
ミスやっちゃって書いてたデータを消してしまうというとんでもないことを
してしまいましてね……急激にやる気が下がってしまいました……。

という訳で簡単に感想をば。
まずは『るろうに剣心』。こういう原作のキャラクターを出演者の皆さんが頑張って再現
していましたよ。佐藤健さん演じる主人公「緋村剣心」は特にハマっていたと思います。
一人だけ原作と明らかに性格が違っていて、尚且つそれが私の好きなキャラだったので
そこがちょっとガッカリしましたが。でも演じていた方は全然悪くなかったです。
むしろカッコいい。だから歯痒かったです。
監督の「大友啓史」さんはNHK大河ドラマ『龍馬伝』のメイン演出をやっていました。
だからなのか、この『るろうに剣心』の雰囲気はもう『龍馬伝』そのものでした。
アクションは凄かったんですけど終盤にグイグイ詰め込んでしまっていて
中だるみしている部分もありました。本当アクションは凄いんですけど。
あと登場人物の心の声をわざわざ聴かせたり説明台詞的な部分があったりといった
細かい部分もちょっと気になりました。観ていれば分かるのに言わせるんだ、みたいな。
笑いどころも少なかった気がします。終盤行われる男二人の肉弾ファイトは
迫力とともに馬鹿馬鹿しさもあって笑えたし、香川照之さん演じる「武田観柳」の演技も
面白いんですけど、明確なコメディシーンがあまり無かったです。終始雰囲気が重い感じ。
でも原作の話をベースに物語を展開させてましたし、面白いと思いますよ。
剣心の過去回想シーンが妙に気合入ってて「これは次これをやりたいのかな~」と感じました。

次は『あなたへ』。
亡くなった妻の遺言にしたがって故郷の海に彼女の骨を散骨しに
主人公「倉島英二」が旅に出ます。その過程で様々な人と触れ合い、同時に妻との思い出を
回想する英二。旅の先に一体何が待っているのか……というのが基本的あらすじです。
観ていて感じたのは「あぁ、こういう日本映画もありだよなぁ」ということでした。
とてもマッタリしていて大きなヤマもありません。じゃあ中だるみしてるかといえばそうでもなく、
登場人物達の触れ合いの描写が非常に丁寧で、そこが観ていて飽きませんでした。
主人公の倉島の旅の様子を、微笑ましく観ることが出来ます。
台詞で語り過ぎないところも良いですね。意外な展開が何回かあるんですが、
そこを無駄に引っ張らない感じ。最近の映画じゃ珍しい気がする演出です。
主人公を演じた高倉健さんはとても渋いです。そんでもって不器用な感じが良い。
ただこの倉島って定年を迎えた60代の男って設定なんですよ。
しかし高倉健さんの実年齢は81歳。まあ確かに年齢より見た目は相当若いんですけど、
やっぱりちょっと無理があったかと。妻を演じた田中裕子さんとは夫婦って感じは
見た目だけだとしませんね。夫婦同士のやり取りは脚本と演技のおかげで
仲睦まじい夫婦って感じなんですが。
私はまだまだ若い方だと思っているので観終わった後は
「なんか良かったなぁ」って気分になったんですが、
もう少し年月を重ねてからこれを観たら泣いてしまうんじゃないかと思いました。
実際妻の故郷を倉島が散策するシーンでちょっとウルっとくるところがありました。

という訳で簡単に二本の感想を書きました。
どちらも私は楽しめましたので、興味のある方は是非どうぞ。


9月には『踊る~』ですねぇ。

るろうに剣心 完全版 全22巻 完結セット  (ジャンプ・コミックス)るろうに剣心 完全版 全22巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)
(2010/11/01)
和月 伸宏

商品詳細を見る

あなたへ (幻冬舎文庫)あなたへ (幻冬舎文庫)
(2012/02/24)
森沢 明夫

商品詳細を見る
スポンサーサイト

桐島が部活辞めたらしいので、映画館行ってきた。/『桐島、部活やめるってよ』

原作の名前は知っていましたが、読んだことはありませんでした。
それが映画化されることになり、原作を読んだ知り合いに「どんな話?」みたいなこと
聞いたんですよ。そしたら原作未読者からしたら驚くべき返答が返ってきました。
なんとタイトルになっている「桐島」は一切出てこないというのです。
話としては男子バレー部のキャプテンが突然部活を辞めたことをきっかけに
周りの生徒に色々変化が起きるというもの。
パーマネント野ばら』という良い映画を撮った吉田大八監督の
最新作ということで、観に行ってきました。
公式サイトはこちら


以下、「More...」から若干ネタバレありです。

more...

プロフィール

ヤギメロ

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード