『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』を観た。

本当にこれで終わるのかどうかは分かりませんが、
とりあえず最後ということで観に行きました。15年続いたこのシリーズも
この映画四作目でファイナル。これまで様々なTVSP、スピンオフ、映画が
作られましたが、『踊る大捜査線』という連続ドラマシリーズは一回しか
やっていないんですよね。個人的に『3』は踊る映画の中ではワースト
なんですが、新しいドラマシリーズを始めてそれを『3』的な位置にすれば
良かったんじゃないかと思ったり。まぁ出演者・スタッフのスケジュールをおさえるのが
大変だったり、それをやれないぐらいデカい作品になってしまったということ
なんでしょうかね、少なくとも当時は。
ということで公式サイトはこちら


今回の『踊る大捜査線』(以下『踊る~』)で中心となる事件は、
今までの『踊る~』シリーズで起きた事件と比べると異色なケースだなぁと思いました。
事件の犯人は過去に発生した事件と関係しており、現在と過去の件いずれも
警察組織の闇がつきまとってきています。
そこを中心的に描いているので、作品の中の色々な部分に『踊る~』らしさというものが
少ないように感じました。

もちろんちりばめられた小ネタやバカバカしい事件を真剣になんとかしようとする部分には、
『踊る~』らしさはあります。しかし全体的にみると、今までの本編とは一線を
画しているような気がしました。ちょっとだけ雰囲気が似ている作品を『踊る~』シリーズから
挙げるとするなら、『容疑者 室井慎次』でしょうか。あそこまででも無いんですが。

それでも、最終的には「あぁ、『踊る~』を観たなぁ」と私は思えました。
それはなぜかといえば、やっぱり主人公である「青島俊作」という存在のおかげなのでは
ないでしょうか。今作の青島はある一件によって表立って捜査出来なくなるなど、前作以上に
厳しい立場にたたされることになります。

そんな立場に置かれながらも青島がとる行動は、走るというものでした。
とにかく事件が解決するまで現場を走るという行動をとるのです。
それが彼が刑事として今までやってきたことであり、走り続け事件を解決することが
彼の「正義」だからだと思います。そうした青島の「青島らしさ」が
そのまま「『踊る~』らしさ」に繋がって、最後には先ほど書いた
「『踊る~』を観た」という気分にさせてくれるのではないのかなぁと思いました。

もちろん駄目な部分もあります。
ヒロイン的位置の「恩田すみれ」の決死な行動や青島が犯人の潜伏する倉庫を
見つけるところなど、いくら理由が描写されてもそりゃ無茶な、と思えてしまいます。
上で「表立って捜査出来なくなる」と書きましたが、それによるデメリットも
パトカーに乗れないといった描写ぐらいなんで別にそこまでピンチでも無さそうに見えてしまう。
(たとえ事件解決の先に「辞職」が待っていたとしても)
そういった部分は「まぁ最後だから」と許せるのか、それとも「フザけるな」と怒るのか、
この作品を評価する基準の一つになるのではないでしょうか。

終盤、青島と事件の犯人は対峙し、犯人の信念が表れるシーンが展開されます。
ここでは犯人がどれだけ凶悪且つ強い信念を持っているかが描かれます。
それが結果的に、『踊る~』が今までやってきた刑事ドラマのお約束を外す、というパターンと
似たような演出になっており、同じく織田裕二さん主演の『アマルフィ 女神の報酬
終盤の犯人との対峙シーンと対をなす場面となっています。
まぁその後にドーン!となるシーンがあるのですぐにズルっとなるんですが。

まぁまぁ面白いと思うのでどうぞ。OPは集大成って感じで最高です。
個人的には『2』や『3』より好きです。
でもやっぱり一番は『踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!』ですね。


「これは俺たちの事件だ!」よりも良い言葉が、ラストにはある。

踊る大捜査線 THE MOVIE [DVD]踊る大捜査線 THE MOVIE [DVD]
(2003/06/18)
織田裕二、柳葉敏郎 他

商品詳細を見る

映画パンフレット 劇場版 踊る大捜査線 THE FINAL新たなる希望 監督 本広克行 出演織田裕二、深津絵里、ユースケ・サンタマリア、柳葉敏郎ほか映画パンフレット 劇場版 踊る大捜査線 THE FINAL新たなる希望 監督 本広克行 出演織田裕二、深津絵里、ユースケ・サンタマリア、柳葉敏郎ほか
()
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト
プロフィール

ヤギメロ

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード