『SF映画ベストテン!』

男の魂に火をつけろ!」さんが行なっている毎年恒例の映画ベストテン企画。
いつもランキング結果を読んでは「こんな映画あるのか~」「やっぱこれか~」と
頷きながら読んでいたのですが、今回初めて参加してみようかと決意。
読んでる人の少ない地味過ぎるブログですが、こういうのは気持ちが大事。

①うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー(1984年・押井守監督)
②リベリオン(2002年・カート・ウィマー監督)
③ジュブナイル(2000年・山崎貴監督)
④アヴァロン(2001年・押井守監督)
⑤13F(1999年・ジョセフ・ラスナック監督)
⑥EVA(2011年・キケ・マイーリュ監督)
⑦ヒドゥン(1987年・ジャック・ショルダー監督)
⑧回路(2001年・黒沢清監督)
⑨パプリカ(2006年・今敏監督)
⑩未来警察(1984年・マイケル・クライトン監督)


①は自分にとって押井守監督作品との出会いのきっかけとなった作品。
自分の住む世界が段々と別の正体を現していくところはホラーチックでありながら楽しさもあり、
素晴らしいSF作品だと思います。

②の近未来設定は正直、どこから突っ込んでいいのか分からないぐらいのものです。
しかしね、やっぱり「ガン=カタ」なんですよ、ガン=カタ。
よくSF映画には普段の私たちの生活では絶対に目にしないような近未来的ガジェットが
出てきまして、それが作品を観る者の心をくすぐると思うのです。
『リベリオン』はそれが「ガン=カタ」だった。
アクションという動き自体がこの映画の「未来感」を生み出していると思うのです。
私にとっての「デッカードブラスター」は、「ガン=カタ」だった!
なんだかよく分からないけど凄くて、現代じゃ絶対無理そうなやつ!
それでいてカッコよく理論付けてもいる!凄い! ……とまぁ、そういうことです(ナンダソレ)。
TVで放映して真似する小学生が出てもいいくらいの作品。

③は個人的に『リターナー』と並ぶ山崎貴監督の最高傑作だと思っています。思い入れ的には
こちらの方が深いのでランクインさせてもらいました。
実際に作られたテトラというマスコット的ロボットが画面に存在し動いているだけで、
ドキドキワクワクさせられました。ガンゲリオンの名前とデザイン、運転方法も最高。
余談ですが香取慎吾さんが出演している作品で一番好きかもしれない。

④同じ監督の作品をもう一つ入れていいのかなぁ……とは思いつつも、
やっぱりこれは外せませんでした。ゲーム内世界と現実世界が曖昧なくすんだ世界観は、
立派に異世界を描いていると思います。その世界に浸りきった後に訪れる終盤は
「同じはずなのに、違う……?」ように見えてしまう違和感も。
「ゲームばっかやってると、魂取られちゃうよ!」というよく親が子どもに説く表現を
本気で映像化したという点でも最高です。

⑤これはローランド・エメリッヒ監督が製作総指揮を務めた作品。
しかしかといって大爆発しまくる映画ではありません、むしろ暗い雰囲気と静かな映像が
心地よいのです。電脳空間と現実世界を行ったり来たりしつつ、
やがて大きな核心に迫っていく物語。たまらない作品です。

⑥は割と最近観たのですが、なんでこれがもっと話題になっていないのか?と思えるくらいの
素晴らしいSF作品でした。物語は普通なんですが、画面に登場する近未来ガジェットやロボット達が
素朴な感じで素晴らしい。特に主人公が所有する猫ロボットや、ロボットの思考回路を
結晶体で現しているセンスも素晴らしい。子役の存在感も含め、傑作SF映画だと思います。

⑦は「円谷プロ作品を海外で作ってる!?」と初鑑賞時驚いた作品。
冷静に考えてみれば海外こそこういう作品を作る本場だというのに……。
散々悪いことやっている宇宙人がなぜか愉快に見えてくるのもおかしいのですが、
時折出てくる心をくすぐるSF的描写が溜りません(序盤のアレとか最後のアレとか……言えない)。

⑧「ホラー映画じゃねーか!」と突っ込まれるかもしれませんが、個人的には
地球に侵略してくる未知の生命体が「幽霊」に代わったSF映画だと思っているんですよね。
なので入れました。終盤、どんどん人の気配が消えていく終末世界を黒沢清監督は
見事に描いていると思います。センス・オブ・ワンダーといえるかどうかは分かりませんが、
当時のVFXを駆使して作られた最高に後味の悪い「観てはいけないものを観てしまった感」の
場面は必見です。

⑨『インセプション』も好きですが、それよりも好きな作品。
夢と現実が曖昧になった人間の視点を時に愉快に、時に恐ろしく描いています。
「はっ! なんだ夢か……ギャー!!」という現実でもよくあることを見事に見せています。

⑩地味。とにかく地味。機能性に特化した作業用ロボットの暴走を止めようとする警察官の
主人公の姿は、働く者の悲哀も感じさせます。けどだからこそ「いつかあり得るかもしれない世界」
として可能性に満ちた物語を展開させています。
「熱分布誘導弾」や車を追いかけて爆発する小型ロボなど、素晴らしき未来的兵器も登場。
見せ方も含めて、最高に燃えます。地味ですが。


うーん、比較的新しい作品が多くなっちゃったような気がしますね。
よく挙げられるような名作SF映画も無いのは、自分の知識不足のせいですかね……。
とりあえず「自分にとっての名作はこれだ!」精神でセレクトしました。
本当は『イノセンス』も入れたかったですが、まぁ仕方がないでしょう。
やっていて面白かったのは「選ぶのって楽しい!」ってことです。では。


うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー [DVD]うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー [DVD]
(2002/09/21)
平野文、古川登志夫 他

商品詳細を見る

リベリオン-反逆者- [Blu-ray]リベリオン-反逆者- [Blu-ray]
(2009/06/03)
エミリー・ワトソン、クリスチャン・ベール 他

商品詳細を見る

ジュブナイル [DVD]ジュブナイル [DVD]
(2000/12/22)
香取真吾、酒井美紀 他

商品詳細を見る

アヴァロン [Blu-ray]アヴァロン [Blu-ray]
(2008/07/25)
マウゴジャータ・フォレムニャック(日本語吹替版 声:財前直見)、ヴァディスワフ・コヴァルスキ(声:日下武史) 他

商品詳細を見る

13F [Blu-ray]13F [Blu-ray]
(2010/05/26)
ビンセント・ドノフリオ、クレイグ・ビアーコ 他

商品詳細を見る

EVA<エヴァ> [Blu-ray]EVA<エヴァ> [Blu-ray]
(2013/01/12)
クラウディア・ヴェガ、ダニエル・ブリュール 他

商品詳細を見る

スマイルBEST ヒドゥン [DVD]スマイルBEST ヒドゥン [DVD]
(2009/10/23)
カイル・マクラクラン、マイケル・ヌーリー 他

商品詳細を見る

回路 デラックス版 [DVD]回路 デラックス版 [DVD]
(2001/08/24)
加藤晴彦、麻生久美子 他

商品詳細を見る

パプリカ [Blu-ray]パプリカ [Blu-ray]
(2007/05/23)
林原めぐみ、古谷徹 他

商品詳細を見る

未来警察 [DVD]未来警察 [DVD]
(2009/06/03)
カースティ・アレイ、トム・セレック 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
プロフィール

ヤギメロ

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード