『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』にハマっています。

突然ですが、私はホラー映画が苦手な方です。

そんな私でも好きな「ホラー映画を撮る監督」がおりまして
(そういうのがいるならむしろ楽しんでるのは? というツッコミは無しで……)、
それが黒沢清監督です。ホラー映画としては
ちょっと変わってるものを作ってるからでしょうか。
そして最近、新たにホラー映画を撮る監督でお気に入りの監督が増えました。
それが「白石晃士」監督です。

この白石監督はPOVの名手、として注目されている方です。
POVとは「Point Of View」の略。
カメラの視点と登場人物の視点が一致したようなカメラワークによる撮影方法です。
この方法を使うと、作中ある登場人物がビデオカメラを手に持って常に撮影しているので、
観客はそのカメラを通して物語を追う……といった作品が作れます。

この方式を使った作品で有名なジャンルは「フェイクドキュメンタリー」。
ご存知の方も多いと思いますが、ドキュメンタリーの形式にのっとって
フィクションの物語を展開していく手法です。
有名なものでいったら『ブレアウィッチプロジェクト』でしょうか。
あちらはフィクションとドキュメンタリーの境界線を限界まで
曖昧にした作品でした(そしてグラグラのカメラで酔う)。

「どう考えたってフィクションだろ!」って話をリアルに描いた作品もあります。
『クローバーフィールド』とか、最近だと『クロニクル』だとか。
前者は怪獣モノ、後者は超能力が出てくる青春モノ兼SFスリラー。
これらの作品群を見て分かる通り、POVという手法は
「誰が、なぜカメラを持って撮影しているのか?」という設定さえクリアすれば
どんなジャンルでも撮ることが出来る手法です。
もちろんそれだけで面白いものが作れる訳ではないですが……

白石晃士監督はこのPOVを使って色々なフェイクドキュメンタリー作品を撮ってきました。
そんな監督が手掛けているのが「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズです。
私、これにすっかりハマってしまいまして。

ある映像制作会社のトンパチディレクター、そのDに敢然と反論しちゃう新人女性AD、
冷静かつ普通のカメラマンの三人が一般人からの投稿映像に映った
怪奇現象の謎を追いかける……というのが基本プロット。
オリジナルビデオで出されており、レンタルDVDショップの
ホラー棚によく置かれている作品群とさして変わらないあらすじですね。

なぜホラー映画が苦手な私がこれにハマったのか?
それはホラー映画としての怖さ以上に「作品としての面白さ」があるからです。
現在このシリーズは5作ほど世に出されてまして、
今度劇場版(最初聞いた時嘘だろと思いました)も公開されます。
その公開前に自分自身が振り返るという意味も兼ねて、
簡単に作品の感想を記したいと思います。

more...

スポンサーサイト

『THE NEXT GENERATION パトレイバー 第1章』/三代目特車二課、出動。

ロボットアニメ、のような日常系作品といっても
過言ではない『機動警察パトレイバー』の実写化。
しかし「初代特車二課」といえるアニメ・漫画のキャラクターは登場せず、
凡庸な二代目を経て、「三代目特車二課」の面々の活躍? が観られます。
全12話のTVドラマサイズな物語を全7章で上映し、
来年のG.W.には長編映画を公開するとか。この壮大な計画をアニメ版に
深く関わった押井守監督と、彼が選んだ監督達によって演出されます。
今回は4月5日に公開されたばかりの「第1章」を観に行きました。
この章ではエピソード0とエピソード1が上映。公式サイトはこちら

<エピソード0>
パンフによると全部の話を撮り終わった後に作られたらしい。

アニメ・漫画にも登場した特車二課整備班の「シバシゲオ」(以下、シゲさん)が主人公。
初代特車二課の頃は整備班の若頭的存在だった彼も、
2013年時点では歳をとり整備班班長になっていました。
特車二課結成から現在に至るまで何があったのか? が彼の口から語られます。
演じるのは千葉繁。シゲさんの声も務めていたので
彼だけがアニメから飛び出してきたかのよう。
押井監督曰く、「アニメと実写を繋ぐ役割」だという。確かにこれ以上の適役はいないです。

この「TNGパトレイバー」は完全オリジナルの世界観ではなく、
押井監督が手掛けたパトレイバーシリーズ(旧OVAと映画)の続編です。
当然、初代特車二課の隊員たちは警察は辞めたものの存命中。
過去の作品を知っている人間なら彼らがどうなったのか知りたくなるところ。
しかしこのシリーズはあくまで「三代目」の物語。
だから初代の「その後」に時間を割いてはいられない。
そこでアニメと実写の架け橋ともいえるシゲさんに朗々と歴史を語らせ、
観客にスイッチの切り替えを促してきます。
もうあの頃(アニメ)は終わった、これから始まるのは新しいパトレイバーなのだと。
このエピソードでは『TNGパトレイバー』シリーズの本質を
語っているかもしれないやり取りがありました。
それはシゲさんが「いまの時代、二足歩行のロボットなんて意味が無い」との
語りに対し、整備班副班長の淵山が「でも嫌いじゃない」と言い、
「俺だってそうだよぉ!」とシゲさんが叫ぶくだりです。

どんなに「いまの時代に二足歩行のロボットだなんて……」と語っても、
抑えられないロマンの心。
レイバーが無用の長物と化した世界で、そんなロマンは通じるのか? 
それもこのシリーズの見所ではないでしょうか。
押井監督は(これじゃなかったらこの作品は売れなかったと認めつつも)
イングラムのデザインがそんなに好きではないようです。
だがそのイングラムをCGだけでなく実物を作りたいと願ったのも押井監督でした。
今後どうなるのか楽しみです。
「どうせ説明回だから」という理由で終盤に歌を入れた気がして、
ある意味遊んでいるなぁと思いましたね。

<エピソード1>
押井守監督演出回。
冒頭、ベスパに乗る主人公「泉野」が鼻唄で歌ってたのが「未来派Lovers」らしい。

この回の大きなテーマは「いまの特車二課を見せること」です。
各登場人物がどんなキャラクターをしているのか、
彼らがどんな堕落した日常を送っているのか、
押井監督お得意のドタバタとループギャグで描かれます。
このギャグは人によって好き嫌いが別れるだろう。自分は大好物で、
大いに笑わせてもらいました。役者が上手いとギャグも活きますね。

それ以外で特に印象的なのが、彼らが日々を過ごす「環境」の描写です。
特車二課はいつも二課棟という建物で日夜待機の日々を送っています。
どんなに馬鹿みたいな日々を送っていても彼らは特車二課の人間で、
後ろを振り返れば篠原重工製98式AVがあるのです。

こんなシーンがあります。
カメラが、自転車で二課棟に出勤してきた人物の姿を後ろから撮り、その背中を追う。
ある地点でカメラは次第に上へと上がり出し、
最後には立っているイングラムの顔部分が映し出される。
レイバーが当たり前のように存在する空間。
その空間を表現するのにこれ以上ないくらいベタで、これ以上無く燃える場面でした。
他にも整備班達が作業する中を隊員が歩くシーンがあり、それもまた素晴らしいです。

一方でレイバーのアクションは驚くほど少ないです。
とはいいつつもイングラムを載せたトランスポーターの出動シーンや
イングラムの起動シーンは丹念に描かれているので、個人的に不満は無いですが。
しかし先にあげたテーマ「いまの特車二課を見せること」を徹底しているので、
それ以外を削ぎ落としているといってはいいでしょう。
その監督の試みは成功していて、「レイバーが動かない!」という不満と共に
「真野恵里菜筆頭に隊員達の面子が良い! 後藤田隊長の雰囲気良い!」といった
好意的感触も得られます。いや本当良いですよ、役者陣。
キャラクターを把握させる回としては合格ではないでしょうか。

それにレイバーが動かないという不安は
恐らく次回以降で払拭されるのではと思います。
なぜならまだあと11話もあり、演出陣は押井監督以外に3人もいるのです。
(私も含めた)レイバーのアクションを期待する人の想いもいつか
報われるのではないでしょうか、多分

全体的に観て、次も観たくなるクオリティでした。
自分のしたいことをしつつある意味職人に徹した押井守監督演出回だったと思います。
興味がある方、是非どうぞ。



これに出てる役者さん、みんなブレイクして欲しいと思いました。
THE NEXT GENERATION パトレイバー/第1章 [Blu-ray]THE NEXT GENERATION パトレイバー/第1章 [Blu-ray]
(2014/04/26)
真野恵里菜、福士誠治 他

商品詳細を見る


THE NEXT GENERATION パトレイバー (1) 佑馬の憂鬱 (角川文庫)THE NEXT GENERATION パトレイバー (1) 佑馬の憂鬱 (角川文庫)
(2014/03/25)
山邑 圭

商品詳細を見る
プロフィール

ヤギメロ

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード