スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!  史上最恐の劇場版』を観ました。/本当に怖いものとは……。

オリジナルビデオのみで展開されいる『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』シリーズ。
その劇場版がついに公開され、私も観に行ってまいりました。
てっきり1週間限定公開かと思ってたんですが、
普通に3週間ぐらいやるんですね。あぁ、勘違い。
今までの『コワすぎ!』シリーズに関する感想はこちらを読んでもらえればと
文章が長過ぎ!る……)。

それで今作なんですけど面白いか? って言われるとシリーズ追ってる自分としては
凄く面白かったと答えるしかない出来でした。
ただ「じゃぁどこが面白かったの?」と聞かれると、
大体がシリーズの謎の核心に触れるのであんまりハッキリ言うことが出来ないんです。
今までのシリーズを観ていると「そこに繋がるのかぁ?!」とはなりますね。
1本70分程度で5本しか出てないから予習するのは簡単だと思いますよ。
先に映画観て「そもそもなんでこうなっちゃったの……」と今までのを観るのもアリかなと。

とにかくそんな感じなので色々曖昧な感想になってますが、申し訳ないです。
公式サイトはこちら

more...

スポンサーサイト

『僕らの音楽』で過去の映像が流れていた。/観たことないけど『Woman』が好きだ。

フジテレビの音楽番組『僕らの音楽 Our Music』で、今まで放送した映像を
流していました。どうやら過去の映像シーンは
ナレーションを務める草彅剛さんが選んだ、ようです。

この番組は毎回ゲストで迎えた歌手が色んな人とコラボするのが
魅力の一つなのですが、その中で流れた映像がありました。

それが薬師丸ひろ子さんと松任谷由実さんのコラボレーション。
歌った曲は『Woman "Wの悲劇"より』でした。

この曲は角川映画作品の一つ『Wの悲劇』の主題歌で、
先述した薬師丸ひろ子さんが主演を務めると共に歌っています。
なぜ歌手の松任谷由実さんとコラボしたかというと、
この方が作曲をしているから(呉田軽穂(くれた かるほ)というペンネームで)。
作詞は松本隆さんです。

なんで急にこの話題を取り上げたかというと、自分がこの曲が好きだからです。
薬師丸さんの本業は女優ですが、角川映画にバンバン出ている頃は同時に
主演作の主題歌も歌っていました(といってそんなに知っている訳では無いですけども)。

どこか悲しげなメロディと薬師丸さんの伸びやかな歌声が凄く合っているといいますか、
この二つの融合が自分の身体に響くのでしょうかね。
とてつもなく沁みる曲です。

しかしここで一つ問題が。
というのも私、『Wの悲劇』を観たことが無い。
もう忘れてしまったのですが、何かの機会で聴いた時に「あ、良いなこれ」と思った訳です。
好きな曲との出会いなんてものはそんなものなんですかね。

じゃぁ薬師丸さん主演の角川映画で観たことあるのはなんだったかなぁって考えると
『ねらわれた学園』『探偵物語』ぐらいでしょうか。
『キャバレー』ではカメオ出演的でしたね。アレは三原じゅん子さんが良いです。
『ねらわれた学園』は色んな意味でぶっ飛んでいて面白いし、
『探偵物語』は本筋と思われる事件以外が面白い作品でした。
暇があれば観てみるのはどうでしょうか。
自分の初角川映画は『人間の証明』でした。ストゥーハ!

私も機会があったら『Wの悲劇』を観ようかなと思っています。
そう書いといて観ないことが多いんですけども……。


Wの悲劇  ブルーレイ [Blu-ray]Wの悲劇 ブルーレイ [Blu-ray]
(2012/09/28)
薬師丸ひろ子、世良公則 他

商品詳細を見る



角川映画 1976‐1986 日本を変えた10年 (単行本)角川映画 1976‐1986 日本を変えた10年 (単行本)
(2014/02/21)
中川 右介

商品詳細を見る
プロフィール

ヤギメロ

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。