『GARM WARS(ガルム・ウォーズ) 白銀の審問艦』を読む。/2つで1つのGARM

※注意
本記事には小説版と映画版双方の『GARM WARS』に対する印象が書かれています。
前情報を一切知りたくない方は読まない方が良いかもしれません。


昨年の東京国際映画祭でプレミア上映された『GARM WARS The Last Druid』。
未だに正式な劇場公開が決まっていない現状を考えると、
行っといて良かったなぁと思っています。
そんな『GARM』の小説が一足先に発売。著者はもちろん映画版も手掛けた押井守監督。
ノベライズ版が先に出るってのはあるにはあるんでしょうけど、
公開が未定ってのは中々無いような。

先日押井守監督が軍事評論家岡部いさくさんと毎年催している
シークレットイベント『Howling in the Night 2015』に行きまして。
その時に今回の『GARM WARS 白銀の審問艦』が先行販売されていました。
それを購入し読んだ訳です。映画版を鑑賞出来たという貴重な体験をした訳ですし、
小説版も出るなら買わない道は無いということで。
以下、「more......」より感想です。

more...

スポンサーサイト
プロフィール

ヤギメロ

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード