ダークナイト

この前映画『ダークナイト』見に行きました。
本当はDVDでも借りて家で落ち着いて見ようかなぁなんて考えてたんですが、
TOHOシネマズが毎月14日は1000円!ってことで良い機会だと思い見に行きました。

なんとも頭の悪い言葉ですが、凄い面白かったです。
じゃあ一体何が面白かったのか?
バットマンの外見的格好良さ?乗り物の格好良さ?アクションの格好良さ?
確かにそれも良かったのですが、一番良かったのは『悪役達』の存在だったんですよね。

今回バットマンには名有りの悪役が三人出てきます。
スケアクロウ(前回じゃいっぱい出てたんで今回はチョイ役)、ジョーカー、そしてもう一人(多分ネタバレなので伏せます)。
私はこの中のジョーカーになんとも上手く表現出来ませんが、ブルッときたんです。

後で調べたら原作のジョーカーと比べるとあまりにも外見は違うんですが、
残念ながら私は原作やそれに近い外見をしたティム・バートン版バットマンを見てないので違和感はありませんでした。

狂気的な怖さがあり、しかし理知的であり、そして独特のコミカルさのある今回のジョーカー。
久々に映画館で観た映画は私にとってとっても良い時間になりました。
今度機会があればバートン版も見てみようかな?
なんでもジョーカーの悪行が凄すぎて映画館で子どもが泣いたとか泣かなかったとか。
……面白そうです。

ダークナイト終盤に出てくる悪役も好きなんですよねぇ……。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ヤギメロ

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード