スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画雑談『となりのトトロ』

となりのトトロ』って、ご存知ですか?
この質問で「知ってるけど観たこと無い」って人は結構いるかもしれませんが、
「知らない」と答える人はあまりいない気がします。
この映画はスタジオジブリ制作による宮崎駿監督のアニメーション映画作品です。
(「宮崎監督? ジブリ? 何それ?」という方がいたら、調べたらすぐ出ます)

『となりのトトロ』は田舎に引っ越してきた「草壁一家」の
姉妹「サツキ」と「メイ」が不思議な生き物である「トトロ」と
不思議な交流をするという物語です。

私はこの作品結構好きな方で、テレビでやってたら途中からでも観ちゃうタイプ。
トトロは三匹出てくるんですけど、私は青色の「中トトロ」が好きです。
丸々とした体格を持ちながら軽やかに歩く感じがツボ。

で、実はちょっと前に『となりのトトロ』を最初からちゃんと観る機会がありまして。
それで「あれ、こんなだったかぁ!」と感じることがありました。
それは「トトロ出てくるの遅っ!」ということ。

いや本当驚きました。
『となりのトトロ』ってタイトルなのにそのトトロが出てくるのが遅いんですよ。
じゃぁトトロが全く出てくる気配が無いのに、どうやって観る人の興味を持続させているのか?
それが「ススワタリ」の存在と新しい家探検ではないかと思うのです。

ススワタリとは、架空の妖怪のこと。「まっくろくろすけ」と言った方が一般的か。
周りを煤だらけにするのが好きな妖怪だそうで。
草壁一家が引っ越してきた家に、そのススワタリがいるようないないような……という話で
話を引っ張っていくんですね。つまり前半は『となりのトトロ』というより
やねうらのまっくろくろすけ』といった感じ。
まぁこの存在がいることで「この町には不思議なものが息づいている?」といった興味が
新たに生まれるのですが。

と同時に進められるのが、サツキとメイによる引越し先の家探検的パート。
お父さんに用事を頼まれて、二人が家の中を駆け回ります。
私は個人的にこのパートが大好き。なんかワクワクしてくるんですよね。
階段からどんぐりが落ちてくるところは若干ホラーというか不気味というか。
大きな階段を全身を使って昇ろうとするのも良いです。
……以上、二つの話が同時並行で進められつつ、今後の展開に関係する人間達も登場します。

そして夜。薪を取りに外に出たサツキが、とんでもない強風に遭います。
ここで何かがありそうな予感を感じさせながら(その後も少し話あるけど)、次のパートへ。
そこからトトロ登場の流れが出始めていくのです。

改めて観てみると、「ススワタリ=まっくろくろすけ、結構重要じゃないか」と思いました。
トトロいう右ストレートを出す前の左ジャブ、とでもいいましょうか(なんだそれ)。
最初から『トトロ』の存在を匂わせても良いような気がしなくも無いですが、
これはこれでということで。

『となりのトトロ』は「ネコバス」といった魅力的なキャラクターも出て来て、
そういう不思議な生き物達の仕草を楽しんだり、
時間が止まってるんじゃないかと錯覚してしまうほどの田舎の静けさを
感じたりする映画だと思います。少女達の成長は描かれていないのではと思ってるんですが、
それでも楽しい映画です。もし観ていない方がいたら、一度観てみると良いと思います。

そういえば今度の宮崎駿監督最新作『風立ちぬ』の主人公の外見、
『となりのトトロ』のサツキとメイのお父さんにそっくりなんですよねぇ。
彼の妻、つまりサツキとメイの母親は病弱で入院しています。
一方の『風立ちぬ』も原作となるであろう小説を読む限り、似た感じの設定が。
こちらには娘はいないのですが、病弱な主人公の婚約者である女性が入院しています。
もちろんこの二つは繋がった作品ではないですけど、『風立ちぬ』は『となりのトトロ』での
草壁夫婦に焦点が当たった話、というようなイメージで良いのでしょうか。
今から公開が楽しみです


となりのトトロ [Blu-ray]となりのトトロ [Blu-ray]
(2012/07/18)
不明

商品詳細を見る


風立ちぬ風立ちぬ
(2012/09/13)
堀 辰雄

商品詳細を見る
スポンサーサイト
プロフィール

ヤギメロ

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。