スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「~天龍源一郎 引退~ 革命終焉 Revolution FINAL」 を見た。

天龍源一郎、引退。
全日やSWS、WARで活躍していた頃をリアルタイムで見てない自分。
初めて天龍選手を知ったのは2004年頃。NOAHに参戦していた時の試合を見ていた。
全身全霊、年齢なんて関係無い勇ましい姿が凄かった。
後に歴史を知って、幾多の時代で戦い続けた人だったんだなぁと知る。
自分が「凄い!」と感じた以上にレベルが違っていた。

そんな常に第一線にいた方の最後の試合。
活躍していた時代は一部しか見れていなかったけど、
それでも最後の雄姿を見たいと思った。
ニコニコ生放送で中継をやると知り、急いでお金を払う。

メインイベントの天龍選手は、いまの自分をさらけ出して最後まで戦った。
ガウンを羽織って入場する天龍選手。
そのガウンはデビュー戦で使っていたものだったらしい。
脱いだガウンから見えたのは、自分の記憶の中にもあったショートタイツ。
最近はパンタロンを穿いて試合に臨んでいたみたい。
衣装を戻してきたことに天龍選手の気合を感じた。
名曲「サンダーストーム」を背に、沢山ののぼり旗が立ち上がる中、
天龍選手は悠然とリングへ。この時から、最後の試合は既に始まっていた。

相手は新日本プロレスで最高位の
IWGPヘビー級王座を持つオカダカズチカ選手。
身体も大きく、動きもスピーディー。
打点の高いドロップキックが印象的なレスラーだ。
対する天龍選手は満身創痍。脚は細く、腰にはサポーターが巻かれている。
そんな中で見せる数々の技。
チョップ、グーパンチ、WARスペシャル、顔面キック、パワーボム……。

入場、戦う姿、使う技。まさに人生を見せた試合だったんだなぁと思った。
負けた後に悔しがる姿も、戦う心を常に忘れない人だったことが改めて伝わった。

対戦したオカダ選手は、観戦するこちらが「見事」と
思う程に天龍選手にぶつかっていった。
天龍選手の放つ顔面キックで、額に赤い跡が出来た。
Mr.プロレスと呼ばれる天龍選手からの最後の洗礼だと思った。
試合が終わった後リング上に倒れる天龍選手に、
深々と礼をして何も言わずに退場するオカダ選手。拍手する他ない。

腹いっぱいのプロレス人生の終わりを見せられた。
そんな気分で心が満たされた天龍選手の引退試合だった。

本興行には現在進行形でプロレス界で活躍している選手はもちろん、
全国各地のプロレス団体で活躍しているプロレスラーが参戦していた。
試合内容もコメディ要素の強いものから、女子プロ、立技主体のバチバチ、
正統派なぶつかり合いまで、様々なスタイルを見ることが出来た。
お客さんの中にはオカダ選手含め初めて見たというレスラーもいたかと思う。
(自分も初めて見るレスラーが結構いたし、久々に試合を見るレスラーもいた)

この興行をきっかけにいまの時代のプロレスに興味を持つ人も
更に増えると良いなぁなんてことを考えたりした。

天龍選手の革命は終焉を迎えた。
この興行から新しい革命が始まるのか。
もしくは、実は既に始まっているのを天龍選手が見せてくれたのか。
個人的には後者の説を信じつつ、並行して前者が起こることも期待しながら、
いまの時代のプロレスを自分なりに見つめていきたい。

【一問一答】天龍、妻に感謝「ここまで押し上げてくれた」 ビールもひと飲み


天龍源一郎選手、お疲れ様でした。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ヤギメロ

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。