スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『回転』 /想像して、怖くなる。

名作と評価を受ける心理小説が原作の映画。
映画の公開が1961年で小説の出版が1898年と、古典の域に達してます。
以前より観たいと思っていた作品ですが、レンタルはされていませんでした。
それが先日TSUTAYAにて、発掘良品としてDVDレンタル開始!
早速手に取り鑑賞しました。

住み込みの家庭教師として雇われた女性が訪れた大きな屋敷。
その屋敷に住む数人の使用人達や小さな兄妹2人と、
彼女は平穏な日常を送るはずだった。
しかし住み始めてから教師は不思議な現象を目にするようになり、
次第に不安感を募らせていく……。

白黒の映像は明るい日差し以上に暗い影を強調し、ホラー映画としての雰囲気を盛り立てる。
映画の舞台となる巨大な屋敷の内装も映画ではそこまで大々的に映すことはしないまでも、
登場人物が移動する度に一寸の隙も無いほどに装飾が施されていることが理解出来る。
度々長回しの撮影を用いて屋敷内を移動するので、
歴史ある荘厳さと広過ぎるゆえの不気味さを同時に感じ取れた。

劇中では、色んなホラー映画で見かける演出が散見された
(「得体のしれない何かが潜む屋敷」というのも定番の舞台設定)。
人物の視線の先に立ちすくむ、ハッキリとは見えない人影。
振り向いた先にいる死んだはずの人間。不意に流れた風で揺れる窓や木々。
「揺れるカーテン」が映った時は、黒沢清監督の作品を思い出した。
調べてみると、黒沢監督自身が好きなホラー映画として挙げているらしい。
この作品が監督の映画演出に影響を与えているのは間違いない。

本作を観て、私は以前鑑賞したある映画を思い出した。
それは『放送禁止 劇場版 洗脳 ~邪悪なる鉄のイメージ~』(以下、『洗脳』)だ。
ある人物を脱洗脳させるまでをモキュメンタリー形式で描いたその作品を観ていたので、
『回転』は「屋敷に潜む何か」によって洗脳された子どもを
主人公である女性教師が脱洗脳させるまでの作品という印象を抱いた。

洗脳された人間は自分が洗脳されているとは思わないということが
『洗脳』の劇中で解説される。
だから脱洗脳を試みる心理学者の問いかけに対して、
当事者は強い拒否反応を示す、という展開がある。
『回転』の兄妹は一見すると、子どもらしく無邪気に遊んでいるようにしか見えない。
しかし主人公の問いかけによって次第に裏側に隠れた一面が出始める展開があり、
先述した作品を思い出さずにはいられなかった。
支配を解く為の主人公と兄妹の会話劇は、
双方の抜群の演技力により非常に見応えのある「対決」シーンとなっている。
特に子役の演技レベルは映画全体で高過ぎて驚かされた。

映画は最後まで2つの可能性を提示し、観る側に緊張感を強い続ける。
怪奇現象を目撃している主人公は、間違いなく兄妹はある人物の支配下にあると睨む。
一方、屋敷にいる他の使用人は主人公のように不思議な現象は一度も目撃しないし、
根本の原因と思しき過去に屋敷で起きた事件については目を背けた態度を取る。
その両者の異なる姿勢が劇中で平等に描かれることで、
「全ては屋敷に潜む存在が原因である」通常の可能性だけでなく
「実は一連の劇中の現象は全て主人公の妄想なのではないか?」
という別の可能性も挙がってくるようになっている。
ありがちな展開ではあるが、主人公の迫真の演技によって
どっちに転ぶか分からず、最後までハラハラさせられた。

洗脳を施した人間が死んで、
周囲の環境により洗脳を解く機会が無くなってしまった人々はどうなってしまうのだろう?
本作は観終わった後にそんなことを想像させ恐ろしくなる。
そういう意味では、ホラー映画としてだけでなく心理スリラーとしても秀でた作品と感じた。


という訳で中々に見応えある作品でした。
発掘良品ブランドこういった映画が世に出るのは良いことですね。興味があれば是非どうぞ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ヤギメロ

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。