映画『君の名は。』を観に行きました。/新海誠監督の新たなるスタート……と思いたい。

<本編の内容に少し触れながら作品の印象について書いているので、ご注意ください>


『秒速5センチメートル』『星を追う子ども』『言の葉の庭』の
新海誠監督最新作『君の名は。』がたくさんの劇場で公開されました。
新海監督の作品が数多くの劇場で上映されるということに最初は驚きましたけど、
そういえば『言の葉の庭』を観に行った時の劇場には、若い人が結構来ていました。
実際『言の葉の庭』もヒットしましたし、その客層を東宝は見込んだんでしょうね。

私としては新海監督が自主制作で初めて作った『彼女と彼女の猫』以外の作品は観ています。
光の眩しさが印象的な美しい風景を背景にして、
過去を抱えた登場人物たちの現実的なドラマが描かれる……というのはあるんですけど、
本質的にはファンタジーを作りたいって気持ちが前面に出てるのが堪らないですね。
時々物語が主人公自身の心情を掘り下げすぎる方向に倒れちゃうところが、
好き嫌い分かれそうだなと思いますが。
という訳で公式サイトはこちら

冒頭に主人公2人のモノローグが入って「いつものやつだ!
と思った瞬間にRADWIMPSの楽曲によるオープニングが始まってびっくりしました。
新海監督の得意とする曲に合わせたPV的編集がいきなり炸裂。
映像もオープニング用に作られた内容で、TVアニメのOPを見ているような気分になりました。
今回も曲に合わせたPV的編集が度々挿入されるんですけど、
個人的にはちょっと入れ過ぎではないかなぁとも思いました。
挿入すること自体は百歩譲るにしても、
キャラクターの台詞が聞き辛くなるのは不味い気がしましたね。

そういえば『秒速5センチメートル(以下、秒速)』では音楽が掛かり出す前に
コンビニエンスストア店内で流れてる曲として微かに流れてるんですよね。
そこから音が大きくなってタイトルがドンっと出る。
こちらの方がドラマチックだったような気がします。
『言の葉の庭』でもPV的編集がありましたけど、
やっぱり『秒速』の使い方が好きだったなぁ……と話が脇道に逸れましたね。すいません。

物語の根幹を成すSF的部分(もちろんそのままではない)は『ほしのこえ』、
会いたい人に会えるかもしれない場所へ向かう展開は『星を追う子ども』、
夢に出てきそうな幻想的な風景や季節の移り変わり、
過去を引き摺りながらも流れていく日常は『秒速5センチメートル』や『雲の向こう、約束の場所』、
万葉集のような古典をモチーフの1部にしているのは『言の葉の庭』、
離れた場所で暮らす無関係な男女2人という設定はZ会用のCM『クロスロード』を連想しました。
「建設」って単語が出てくるのは「大成建設」を思い出しましたね。
大成建設のアニメCMも作ってますし。

間違ってる部分もあるかもしれないんですけど、
とにかく至るところで新海監督の今までの作品の記憶の欠片を読み取れる部分が多かったです。
各々の欠片をただ作品に詰め込んだ訳ではなく、バランス良く使われていましたね。
そこに主人公達の独特なモノローグや、
眩しい光が印象的な美しい風景という監督の得意な技が加わって、
本作は 均整のとれたエンターテイメント作品に仕上がっているように思えました。
『星を追う子ども』で試していたキャラクターのバラエティーに富んだ表情の変化も、
コミカルな展開と相まって不自然さは無く、
今まで試していたであろうことの全てがカッチリハマったんじゃないかなぁって感じられましたね。
食事も美味しそうでした。

ストーリーはちょっと不思議な話からロードムービーへと変化し、
次第に壮大なスケールへとグレードアップしていきます。
例えそのように物語の様相が変わっていく中でも、
「(いつかは終わる日々としての)青春」「SF」「醒めてるようで全然醒めていないままの幻想」
といった要素は一貫していて、これが新海監督作品の味だよなぁ、
というのを改めて実感しました。
場面場面の繋ぎ方のちょっとしたズラシや夢に見る出来事が
ただ美しい光景を映すというだけでなく、お話の伏線として
機能しているのも良かったです(もちろんただ美しいものを流すのもアリですけど)。

本作はこれまでの新海誠監督作品同様に、美しい物語です。
そして今までと違う気がするのは、その美しさを保ったままエンターテイメント性を獲得したこと。
今までの作品をほぼ観ている自分としては今回のような内容になって嬉しかったです。

ただ、同時に不安もあります。
今回は本当に集大成ともいえる内容で、観終わった直後は
(監督がそうと決めた訳ではないにしても)これが
ゴールになってしまわないかと考えてしまいました。
しかしパンフレットに記載された監督のインタビューを読んで、
そ2の不安は少しだけ払拭されました。
というのも、『星を追う子ども』を作り始めた時期から
物語の作り方を勉強しているみたいなんですね。
その他の部分でも向上心が感じられました。
これが新たなるスタートとして、本作の面白さを噛み締めたいと思います。(噛みといえば口噛み酒……)

<その他色々思ったこと>
声優陣は全員素晴らしいです!
新海誠監督は初長編監督作『雲のむこう、約束の場所』から俳優を声優として
起用していますが(短編『ほしのこえ』でも)、人選が本当良いですね。
通常の演技はもちろん、女演技の神木隆之介さん、男演技の上白石百音さんが
特に良いです。長澤まさみさんや市原悦子さんも凄いですよ! 

PV的編集の多さはもちろんですが、それと同時に
クローズアップした扉の開閉カットの多さももうちょっと少なくしても良いのではと思いました。
線を越えて歩き出すのを表しているのでしょうけれども……。

<ここから特にネタバレ>
(1)こんなにも東京という街を煌びやかに見せた映画も久しぶりに観た気がします。
「東京だぁ……」というセリフに込められた都会への憧れ。上白石萌音さんの見事な演技でした。

(2)『言の葉の庭』に出てきた先生が登場してびっくりした。
  パンフレットによると意識して出した模様。

(3)終盤、「雪が降る夜」からの「桜舞う春」という場面転換で
否が応にも『秒速5センチメートル』を思い出す。
しかし2人が再会する場所は「踏切」じゃない。
過去を断ち切る象徴として出てきた「踏切」は
本作では似つかわしくないからなのかな、と思いました。

<ここまでネタバレ>


という訳で興味があれば是非どうぞ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード