最後の更新日を見て驚愕する

最後に更新してから五ヵ月を迎えていた。
その間に何か更新を休まなければならないような重大なことがあったのか、
というとそんなことはなく、むしろ読書→映画→音楽→テレビの娯楽のループを
仕事の合間に繰り返す毎日だった。
それはそれで楽しいが、楽しさで心が満たされるとパソコンを起動し、
ブログの作成ページにログインし、書き始めるという手順を一から踏む前に
充足感を抱えたまま布団に潜り込んでしまう。
自分のさぼり癖というか、後に後に物事を回してしまう性分にはほとほと困ったものである。

以前このブログで紹介した、原作を読んでないのに突入し中々に良い青春映画だった
『咲』の実写版の続きが作られるらしい。といっても扱い的には外伝というか、
主人公は変わるのだが。それでもスタッフは前回のプロジェクトと全く同じのようなので
今から期待で胸が膨らむ。

『咲』主演の浜辺美波さんは『君の膵臓を食べたい』で好演していた。
大人になった主人公が学生時代を回想し、その頃に出会った一人の同級生を演じている。
若干舌足らずな喋り方と彼女の身振り手振りがまるで漫画から飛び出してきたかのような雰囲気で、
こういうのが2.5次元なのだろうかと考えながら鑑賞していた。
もしかしたら人によっては好きになれないかもしれないなぁとも思ったりしつつ。

膵臓だけでなく人間の身体を盛んに食べるのが観られる映画といえば『エイリアン:コヴェナント』。
これはエイリアンシリーズの新作で、しかも2012年の『プロメテウス』の完全な続編である。
監督は同じくリドリー・スコット。
まさかここまで繋げてくるとはという位に律儀に前作の流れを引き継いでいるし、
この方がこういう続編映画を自ら撮るのってあんまり無いような気がする。
悪趣味なまでに残酷なゴア描写、自身の映像構築力に絶対の自信を持ち、
それもまぁ分かると感じる映像美を堪能する。
79歳なのに元気な映画を撮るなぁと嬉しくなってしまった。
前作は低評価が多いが自分は嫌いではなく、いつまでも眺めていたいほど宇宙船内が
惚れ惚れするくらい綺麗だったのだが、それ以上に本作が気に入った。

で、『エイリアン:コヴェナント』を観終わってから『ブレードランナー』を観る。
色々バージョンがあるが今回はファイナルカット。
コヴェナントは確かにエイリアンシリーズの一編なのだけれどもどうにも「ブレラン」の幻影を
所々に感じ、それを確かめたくなった。あと単純に久しぶりに観たかった。続編もあるし。
そして観てみると本当にそっくり。同じ監督が撮ったんだからそっくりも何も無いかとは思うが。
むしろ『ブレードランナー』から『エイリアン:コヴェナント』まで、
リドリー・スコット監督は何一つ変わっていない。
なぜこんなにもグロく、こんなにも幻想的で美しいか。やっぱり惚れ惚れしてしまった。
『ブレードランナー』では色々あって最後にルトガー・ハウアー演じるロイ・バティが今までの
激しさが嘘のように静かに語り、それが映画のハイライトとなる。
もしかしたら『エイリアン:コヴェナント』の「次」もマイケル・ファスベンダー演じるデイヴィットが
静かに語る時があるのかもしれない。
けど20世紀FOXは次回作作らせることに躊躇してるらしい。
それに対してリドリー・スコットはどうするのか? 
地に足付いた次の新作でヒットすれば何も言わなくなる。
もう予告編が出ていて、実話がベースの映画。
これでヒットを飛ばしてエイリアン続編&史劇映画を存分に撮る……と考えているかは定かでないけど、
今一番新作が楽しみな映画監督だよなぁと思った。

WOWOWでドラマ化されるノンフィクション『石つぶて』を購入して読んだりもした。
これが中々に読みごたえがある。外務省機密費を使い込んだ事件を追った本。
どういう話をどのように話したか。著者の清武氏は関係者に取材をし、徹底的に文章にした。
結果として小説のような語り口で事件の状況を追っていく形になっており、
骨太な警察小説を読んでいるかのような気分になった。
ドラマの主演は佐藤浩市さんで、本当に横山秀夫氏原作の警察ドラマの趣で作りそうな予感。
とはいえ自分はWOWOWに加入していないので、ソフト化を待つ。

そういう意味では黒沢清監督の新作『散歩する侵略者』も現在スピンオフのドラマが
WOWOWで放送されていて、無料放送された1話がべらぼうに良かった。
久しぶりに黒沢監督のホラーを観た! という満足感があり、カメラがじっくりと回って
一呼吸間を置いて何かが動く、なんていう演出で息が詰まる。
映画版もエンタメしてるなぁと思いつつ結構好きだったのだが、スピンオフも大好きになるかも。
とにかく東出昌大さんが素晴らしい風体。この人結構好きなのである。

音楽というと尾崎裕哉さんの『グローリーデイズ』が良かったなぁ。
父親の尾崎豊さんも伸びやかな歌声が魅力だったけど、ご子息もそんな感じがする。
というかああいう疾走感のある曲が似合う声な気がする。
いまシングルを何枚か出しているみたいなので、1stアルバムが出たら買いたいかも。
アルバムと言えばキック・ザ・カン・クルーが復活してアルバムを出したので買わねばならない。

色々と物欲が膨れ上がるのはストレスも溜まっている証拠か否か。
なるべくサボらないように頑張っていきたいです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ヤギメロ

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード