スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北野武監督作品『アウトレイジ』観てきました。

どうして北野監督ってああいう人の死に方を思いつくことが出来るんだろうと、
その発想力に良くも悪くもゾっとした映画でした。
公式サイトはこちらから

以下、伏字
安心の役者陣といいましょうか、メインの皆さんとても迫力があって怖かったです。
その中で異彩を放っていたのが國村準さんと石橋蓮司さんでした。
今回のこの作品はこの二人がメインといっていいかもしれないです。
特に石橋さんはこれでもかというほど虐められてて、可哀想にと思いました。それでも笑っちゃいましたけど。

『笑った』と書きましたが、この映画は度々目を背けたくなるような暴力シーンというかグロシーンがあります。
しかしその後すぐにそのグロシーンに関係したボケがあって、ついつい笑ってしまうんですよね。
自分としては、何回か噴いてしまいました。それでも目を背けたくなるグロには慣れませんけど。
特に「うえぇ……」となった後に不覚にも笑ってしまったのは、監督がインタビューで言っていた「歯医者に行ったときに思いついた」ネタ関連です。
ちょっと考えてみれば凄い可哀想なのに、笑ってしまいました。
でも歯医者行きたくなくなりますよ、あれは。

もちろん笑わすことなんてない、ゾッとするシーンもありました。
こちらは直接的に血がドバーッではないんですが、「うおぉ……」と思わず呻きたくなりました。

登場人物達についてですが、怖くは感じましたけどカッコいいとかそういう好意的な想いは抱きませんでしたね。
「こいつ恐ろしいなあ」とかそういう気持ちは何度か抱きましたけど。『全員悪人』というキャッチコピーにピッタリな人達ばかりでした。

少しだけ首をかしげたくなったのは、フェードアウトがなかなかに多かったことですかね。あんなにしなくてもと思いました。
それでもカーテンが閉まっていくと同時にフェードアウト、というのが作中であったんですが、それは良かったです。

伏字、終わり

全体的になかなか面白かったです。ただグロ耐性が無い人は注意が本当に必要です。
カッコ良く大立ち回りしてビシッと決めるなんてのは無かったので(たけしと小日向文世のボクシングシーンは良かったけど一瞬だし)、そういうのは期待しない方が良いです。
一種の喜劇と思って観てみるのが良いかもしれません。


初めて実物のニンテンドーDSLLを見たけど、予想以上に画面大きくて驚いた。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ヤギメロ

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。