『仮面ライダーW』 完!!!

まあ冬の映画があるんですけどね。それにしても良い最終回でした。

平成ライダー10周年記念作『仮面ライダーディケイド』の後を継いで、新たなる10年を目指して作られた
『仮面ライダーW』。全体的にみて非常に纏まりが良く良い感じの作品だったのではないでしょうか。
ディケイド夏の映画で鮮烈過ぎるぐらいのデビューしてここまで来たのはなんか感慨深いですね、ホント。

ダイの大冒険』の原作者や『ガイキング LOD』のシリーズ構成として知られる三条陸さんの少年漫画的展開、サブライターとしてどす黒い風都の側面を描いた長谷川圭一さんのストーリー展開(そういや一回荒川稔久さんが担当したけど、あれは何だったんだろう。面白かったけど)、悪役を含む個性的で魅力的なキャラ達、そしてライダーのかっこよさ。どれも良かったです。

あえて不満を言うなら完全に二話完結1エピソード型にしてるんで、たまに「展開とか悩み解決するの早くね?」と感じたり、フィリップの物語に比重が置かれてなんか翔太郎が若干空気になってる気がしたり、というか照井竜が出てきた頃はフィリップ&照井が目立って本当に翔太郎が空気になったような気もしましたけど、その翔太郎空気もジョーカーエクストリームになる時のフィリップにとっての翔太郎の存在を改めて確認するフラグだったと考えれば別に良いですね。
もっと翔太郎ってどんな人だったのかってのも描いて欲しかったってのもありますけど、『風都好きの兄ちゃん』でも良いかもしれません。それに時々翔太郎の過去の映像が流れたりしたんで、そこから視聴者が想像するってのもアリですしね。
あと悪い女を描き過ぎてて人によってはワンパターンと感じるかもしれません。風都の女怖いよ……。

とまあ不満も書きましたけど、それでも最初から最後まで楽しめたんで終わるのが惜しいって少し感じます。
しかしそういう気持ちは冬映画で解消するとして、来週からの『仮面ライダーオーズ』を楽しみにしたいと思います。
USBメモリの次はメダル。一体どんな話になるのか今からワクワクしております。Wと繋がってるっぽいし。


最後の敵やられすぎてちょっと可哀想。というかあの人久々に見た。
仮面ライダーW 変身ベルト DXダブルドライバー仮面ライダーW 変身ベルト DXダブルドライバー
(2009/09/05)
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード