『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE』観ました。

毎度毎度思うんですが、タイトル長いですね。
という訳で去年の冬から私の好きなライダーの一人に加わった「仮面ライダースカル」目当てで行きました。
公式サイトはこちらから。

以下伏字
今回も去年の冬にやったMOVIE大戦(その時のレビュー)のように、三つのパートに分かれています。
そういう訳で、パート毎に感想を述べたいと思います。

①『仮面ライダーダブル 仮面ライダースカル メッセージforダブル』
吉川晃司演じる「鳴海壮吉」は仮面ライダースカルとして去年のMOVIE大戦2010で登場しました。
今回はその鳴海壮吉がなぜ仮面ライダースカルになったのか、を描いています。
その為仮面ライダーダブルの主要人物、翔太郎・フィリップ・照井などはこのパートでは空気です。
変身したり戦ったりコミカルな場面もやってはいるんですが、中心となる人物はやっぱり鳴海壮吉と
彼の娘「鳴海亜樹子」です。
とにかく鳴海壮吉が渋くてカッコいい。このパートは彼の佇まいやアクションが印象的です。
また、ダブルで元気にやってるキャラが出てくるのもこのパートの注目ポイント。
若い頃のシュラウド、若い頃の刃野刑事、小さい頃の亜樹子。彼女は大阪にいます。
そして少年時代の翔太郎も出てきます。彼の隣には仲良くしてる女の子が居るのですが、もしかしてあの女の子はダブル第一話、第二話の……と考えたのですがどうなんでしょう。
今回のパート、スカルの初変身も見られるのですが同時にダブルを象徴する台詞が生まれた訳も明かされます。
その台詞を鳴海壮吉が言う時のシチュエーションはとても素晴らしく、カッコいいです。
鳴海壮吉好きの為のパートだったと思います。翔太郎やフィリップの活躍を見たい人には少々残念かも。
まあダブルの皆のその後を見られるだけでも良い、という人には良いと思います。

②『仮面ライダーオーズ ノブナガの野望』
こちらは仮面ライダーオーズ。アクションやCGが良いです。それ以外は通常運転感でいっぱいでした。
しかしTV版の今後の展開を予感させる要素が盛り沢山なので、その布石としては良かったと思います。
この映画で初登場する新ライダー、「仮面ライダーバース」。現代版銭形平次のようで、仮面ライダーサガに次ぐ時代劇っぽい武器というか必殺技を思わせました。果たして変身してる人は誰なのか、というところに注目です。
ストーリー自体も悪くないのですが、詰め込み過ぎてる感はありましたね。
最後のオーズの戦闘は監督の気合が色んな意味で感じられる演出だったと思います。『仮面ライダーディケイド』のネガ世界編、TGクラブ関連を思い出しました。そういえばあれも同じ監督でしたね。
ちなみに「アンク」が空気です。というか、今回主人公の「火野映司」が変身ベルトに使うメダルを収納するケースを持っているんですよね。だから一々アンクが出てきてメダル渡さなくて良いのです。
その分自由度が増えて最後のパートの為のメダル探しが出来たのでしょう……と思いたい。

③『MOVIE大戦CORE』
過去の仮面ライダー達の記憶を利用した恐ろしいライダー、「仮面ライダーコア」が登場。
とんでもないデカさと力に、オーズとダブルが立ち向かいます。
『過去の仮面ライダー達』といっても、そんな沢山の仮面ライダーの力使ってるようには見えませんでしたが、
ラスボス感はとんでもなかった気がします。地球の中心へ向かう時は3D映画っぽいシーンがありました。
このパートではオーズの新フォームが登場します。一体どんなフォームなのかは是非作品を観てください。
フォームチェンジする度に流れる歌ですが、このフォームの歌は「トリビアの泉」思い出しました。
オーズとダブルがコアと戦ってる間、別のところで照井竜も変身して「仮面ライダーアクセル」で戦います。
変身する時の亜樹子に対して言う言葉がカッコ良く、照井さんは本当美味しい立場だなと思いました。
もちろんバースも参戦して二人で協力してこっちも頑張ります。
エンディングはダブルはウルッとさせ、オーズはホッとしつつもこれからどうなっていくのか期待させます。

全体的に観ると、今回翔太郎やフィリップといったダブル側は脇に徹してるような感じがしました。
特にフィリップは少年漫画の解説キャラのような……しかしわずかだけでも印象には残りますので、
そこがダブルのキャラクター達の良さなんだと思います。
それと、パートが三つあるので③以外のパートはトントン拍子で進んでいったと思います。
まあ長々やっても観てるこっちが疲れるので(実際今回は結構観た気がして疲れました)これぐらいが丁度良いのかもしれません。子どもからしたら物足りないのでしょうか?分かりませんが。
あと作品終了後に来年春のライダー映画予告やってました。
ああいう映画ってディケイドの役割じゃなかったのか……情報次第で行くかもしれません。
伏字終了

三つのストーリーを観ることが出来るので、飽きない90分を過ごせると思います。
鳴海壮吉のカッコよさ、オーズの活躍を観たい方は是非行ってみてください。
にしても驚きの展開がある度にざわめく映画館内は楽しいですね。
ライダー映画は映画館で観ると更に楽しい映画、というのが今の僕の印象です。


あ、スピンオフやるんだ……。
MG FIGURERISE 1/8 仮面ライダースカル (仮面ライダー ダブル)MG FIGURERISE 1/8 仮面ライダースカル (仮面ライダー ダブル)
(2011/01/31)
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード