なんだかんだで2011年初更新。

あけましておめでとうございますとも言えないほど日が経ってしまいました。
あっという間に2月になってしまいそうで怖いです。
最近の出来事を『仮面ライダーオーズ』のあらすじのように三つの事柄で紹介したいと思います。
仮面ライダーオーズ知らない方はすいません。

①「最近007シリーズを観始める。」
スパイ映画としてお馴染みの007シリーズ。英国のスパイ『ジェームズ・ボンド』が活躍する映画です。
これまで彼を主人公とした映画が数多く作られました。
「観始める」といっても個人的に気になったものを選んでみようと思ってるだけですが。
とりあえず先日観たのは『女王陛下の007』です。スキーアクションが凄い。
この映画でジェームズ・ボンドを演じた『ジョージ・レーゼンビー』は不評だったようですが、
僕的にはアクションが良い動きしていてなかなか良かったです。ホテルの一室でのアクションは最高です。
ヒロインも可愛い。ただ見方によっては『野村沙知代』さんに見えなくもないような気がしないでもない。
次は『ユア・アイズ・オンリー』か『リビング・デイライツ』を観ようかと思っています。

②「この流れで外交官黒田康作について。」
今週の木曜日から始まったドラマ、『外交官黒田康作』。俳優の『織田裕二』さんが主演を務めております。
これは映画『アマルフィ 女神の報酬』の派生作品です。このドラマの続編として、映画も決まってます。
この作品というかこのシリーズはどうやら007を意識している気がするのです。
アマルフィのサブタイトル「女神の報酬」も007の『慰めの報酬』からも来てるっぽい。
007でお馴染みのカジノシーンもドラマの最初でありましたし、アマルフィのスピンオフでやったDocomo限定配信の
ドラマでもカジノシーンがあります。
放映前に改めて映画の方を観たら「やっぱイタリアって良いな」ってことは再認識出来ました。
ドラマはドラマで第一話後半は面白かったので、来週以降も視聴したいなと思っています。
どうせならもっと近接格闘術見せてほしいんですけど、無理ですかねぇ。

③「2010年 第84回キネマ旬報ベスト・テン結果発表、について。」
映画の雑誌『キネマ旬報』は毎年その年の映画のベスト・テンや個人賞を発表しています。
その中で私は外国映画ベスト・テンが気になりました。
エクスペンダブルズ』が入ってないのはなぜだかまぁ納得出来ちゃうというかするしか無いんですが、
第9地区』入っているなら『キック・アス』も入れて良いんじゃないかとか思っちゃったり。
注目したいのは外国映画第1位の『息もできない』です。
この前DVDレンタルして観たのですが、素晴らしい映画でしたねこれは。
初めてまともに観た韓国映画だったのですが、これが1位といわれるのは私は納得出来ました。
それぞれ事情を抱えた二人の男女が出会って育まれていく絆と、その先にあるもの。
2010年を代表する映画の一つだと思っていますので、是非色んな人に観て欲しいです。

寒い日が続きますが、今年もゆっくり自分なりに頑張っていきたいと思います。


新年初の劇場で観る映画は『あしたのジョー』か『太平洋の奇跡』か……どっちにしようか。
息もできない [DVD]息もできない [DVD]
(2010/12/03)
ヤン・イクチュン、キム・コッピ 他

商品詳細を見る

アマルフィ 女神の報酬 スタンダード・エディション [DVD]アマルフィ 女神の報酬 スタンダード・エディション [DVD]
(2010/01/01)
織田裕二、天海祐希 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード