007二本観ました。

観ようと思っていたニ作品『007 ユア・アイズ・オンリー』『007 リビング・デイライツ』を観ました。
タイトルを見れば分かるように、有名なスパイ映画『007シリーズ』の中の二つです。
主演は前者は『ロジャー・ムーア』、後者は『ティモシー・ダルトン』という俳優さんです。
感想を簡単に。

・『ユア・アイズ・オンリー』
これって原題が『For Your Eyes Only』っていうんですね。なんで『For』を無くしちゃったんでしょうか。
最初観ている時はそんなに気にならなかったのですが、ラストのヒロインが主人公のジェームズ・ボンドに対して
言う台詞があまりにも素敵すぎて「なぜ『For』を入れなかったんだ」という気持ちが強くなりました。
アクションが多めでとっても凄いです。特にスキーアクション……って、『女王陛下の007』の時も同じこと思いましたね。その作品以上に凄いアクションだったと思います。また、序盤のヘリコプターアクションも中々。
海の中のアクションはお金がかかってる感があって見応えがありました。
この作品では一番初めにジェームズ・ボンドがある人のお墓参りに来ます。『女王陛下の007』観てたので
中々良いサービスシーンだったと思います。
いつもながらヒロインが可愛いです。だからこそ先程書いたラストの台詞が良いというか。
「言われてみたい」なんて思いました。

・『007 リビング・デイライツ』
007シリーズはそんなに観ていない私が書くのもなんですが。
個人的にこの作品のジェームズ・ボンドを演じたティモシー・ダルトンが一番カッコよかった気がします。
もちろんどの作品のジェームズ・ボンドもカッコいいんですが、私はこのボンドが気に入りました。
なんというか、全身から良い男オーラが漂ってくる感じなんですよね。
笑顔が素敵です。かと思えば冷酷になった時の表情がプロなんだなってことを思わせます。ギャップが良いです。
(ネタバレ)仲間が殺された時に怒りに打ち震える表情はとても素晴らしかったです。(ネタバレ)
アクションは『ユア・アイズ・オンリー』と比べるとそんなに無かったような気がしましたが、
インパクトはありました。飛行中の飛行機で撮ったアクションなんてどうやって撮影したんだろうと思うくらい。
これまたヒロインが可愛かったです。『ユア・アイズ・オンリー』と双璧を為しますね。
そんな彼女にも容赦無い表情を見せた時のボンドも良かったりしたんですが。
悪役側は印象に残る敵さんトリオで面白かったです。最新装備凄い。

とまぁどれも楽しむことが出来ました。
『リビング・デイライツ』はもう一回観てみようかなと思っていたりしてます。それくらい気に入りました。
今回借りたDVDは日本語吹き替え版は収録されていませんでした。
今度はそれが入ってるDVDを借りようかなと思っています。
とりあえず次は『午前十時の映画祭』で上映決定している『007/危機一発(ロシアより愛をこめて)』を観ようと思います。


『フェイク』『トカレフ』も面白かったです。
リビング・デイライツ (アルティメット・エディション) [DVD]リビング・デイライツ (アルティメット・エディション) [DVD]
(2008/12/19)
ティモシー・ダルトン、ジョー・ドン・ベイカー 他

商品詳細を見る

ユア・アイズ・オンリー (アルティメット・エディション) [DVD]ユア・アイズ・オンリー (アルティメット・エディション) [DVD]
(2008/12/19)
ロジャー・ムーア、ジュリアン・グローヴァー 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード