『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』を観ました。

『あしたのジョー』と迷いましたが、こっちにしました。
予告編や公開前に日テレでやってた特集番組を見て「良さそうだなぁ」と思いまして。
同じ日テレ映画なのに『GANTZ』とは対照的な大作映画ですね。
公式サイトはこちら

以下、伏字
結論からいうと、良い映画でした。
この映画はアメリカ側と日本側、二つの側を交互に描いていきます。
その二つを一つの監督が描くのではなく、アメリカ側はアメリカの監督が、日本側は日本の監督がそれぞれ撮っています。
アメリカ側の軍人で日本に留学経験があり、日本語を少し喋ることの出来る『ルイス大尉』が
大場大尉達に歩み寄っていこうとするアメリカ側。
過酷な状況の中で軍人として戦いつつ、残った民間人達を守る大場大尉達を描いた日本側。
どちらも見飽きず、その二つが丁度良く一つにまとまっていて良かったです。

戦争映画ということで、戦闘シーンがもちろんあります。
公開前に見た特集番組で戦闘シーンの撮影風景があったのですが、大迫力といった感じではありませんでした。
しかし実際に出来上がった場面を観ると、緊迫感がありとても迫力がありました。
やっぱり映画って凄いなぁと思ってしまいました。

役者さん達はどの方も良かったです。
主人公を演じたのは『竹野内豊』さん。最近私の中で評価が上がりつつある俳優さんです。
『不毛地帯』『流れ星』というこの二本のドラマでなかなか良い味を出していました。
大場大尉は元々は地理の教師で、生粋の軍人という訳ではありません。
この映画の中での竹野内さんは、立派に振舞っているのですが、軍人らしい雰囲気が良い意味で出ていませんでした。
滑舌といった問題はありますが、それでも良かったと思います。
他に特に思い浮かぶ人といえば、『唐沢寿明』さんと『山田孝之』さんでしょうか。
唐沢さんは役の為にわざわざ頭を丸めたそうです。印象に残る脇役でした。
山田さんが演じる軍人さんは、最後まで日本の為に戦おうとする姿がなんとも切なかったです。

欠点として感じたのは、大場大尉が『フォックス』と呼ばれていたのにそれらしい活躍がそんなに描かれなかったことです。
観る前は戦略的な意味でまさに狐のごとく大活躍するものかと想像していました。
実際はそんなことはなかったです。確かに罠を仕掛けたり戦略的なことはするのですが。
しかし、もし自分がアメリカ側の軍人だったら。
日本兵探してたら罠にかかった→霧を読んで相手が撤退した→まさかこの霧までも折り込み済みなのでは!?
とか疑心暗鬼になってもおかしくないかもなぁって思ったり。
その出てきた霧も大場大尉から言わせれば「ただの偶然」なので、
アメリカ側が大場大尉からすれば小手先の罠だったものにかかったことで、フォックスというとんでもない男が
いると勘違いしたのではないでしょうか。その結果、アメリカ側の兵がどんどんやられていくと
大場大尉が指示した訳でもないのに「これはフォックスの仕業か……!?」となったのでは。
終盤でルイス大尉と大場大尉が初めて出会った時ある人が死んでしまうのですが、
それすらも大場大尉がやったことかとルイス大尉に尋ねられましたし。
つまるところ映画のタイトルがいけないんじゃないかとか一瞬思いましたが気にしません。
後はBGM多すぎだなってのもありました。「ここは別に要らないのでは?」と感じるところがいくつか。

しかしそういった欠点すらも別に良いか、と思わせるほど胸が熱くなるシーンが多かったので、
個人的にこの映画はとても良かったです。ラストの行進はずっと観続けているとグッときます。

伏字終了

観て良かったなと思える映画でした。
劇場で観ると迫力も違うと思うので、行ってみると良いと思います。


次は『あしたのジョー』か……。文字色
タッポーチョ 太平洋の奇跡 「敵ながら天晴」玉砕の島サイパンで本当にあった感動の物語 (祥伝社黄金文庫)タッポーチョ 太平洋の奇跡 「敵ながら天晴」玉砕の島サイパンで本当にあった感動の物語 (祥伝社黄金文庫)
(2011/02/04)
ドン・ジョーンズ

商品詳細を見る

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男 (小学館文庫)太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男 (小学館文庫)
(2011/01/06)
大石 直紀

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ヤギメロ

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード