スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『TOKYO WAR MOBILE POLICE PATLABOR』を読む。

以前紹介した『番狂わせ~』が面白かったので、一応前作にあたるこの小説を買ってきました。
上下巻で出たものを加筆・修正して一冊にまとめたものです。
2005年に出たので凄い今更感ですが、読んでみると面白い。何年経っても面白いものは面白いですね。

この小説はリアルロボットアニメ『機動警察パトレイバー』の劇場版2作目のノベライズです。
著者はその映画でも監督を務めた『押井守』監督。この本が小説処女作だったとか。
映画自体が面白いこともあって、小説も息を呑む展開が続いて読み応えがありました。
このノベライズ版、ただ映画をそのまま文章化した訳ではなく、
映画では無かったシーンがいっぱいです。
更に映画ではいたところと違う場所で映画と同じようなやりとりをしているなど、
映画と比較しながら楽しむことも出来ます。
映画でもやろうとしていたけどスケジュールの都合で出来なかった部分なども
この小説に入れたとかなんとか。同じようで違う映画を観た気分です。
「映画で観たかったなぁ」と思うところもチラホラと。
(ネタバレ)太田が遺書を書くシーンなんかは特に。(ネタバレ)

映画では後藤というパトレイバーで中心となるチーム、
『特車二課第二小隊』の隊長が主人公的な位置づけです。
その為、OVAや映画一作目・TVシリーズでは目立っている特車二課第二小隊の隊員達は
そんなに目立っていません。隊員達同士の絡みも少ないです。
まあその隊員達もこの作品では人事異動によってほとんどが特車二課から離れているのですが。
小説では主役的位置づけの後藤が目立つのはもちろんですが、隊員達の描写も多いです。
特車二課から離れても一度顔を合わせて話せばかつてのように賑やかになる。
そういうことがよく分かりました。

先に映画の方を観てからこの小説を読むのも良いですし、この本から読んでみるのも
良いと思います。どっちからでも楽しめます。是非どうぞ。


『番狂わせ』映像化する時はあのサッカー薀蓄のほとんどは消えるんだろうな。多分ないけど。
TOKYO WAR MOBILE POLICE PATLABORTOKYO WAR MOBILE POLICE PATLABOR
(2005/06/30)
押井 守

商品詳細を見る

機動警察パトレイバー2 the Movie [Blu-ray]機動警察パトレイバー2 the Movie [Blu-ray]
(2008/07/25)
冨永みーな、古川登志夫 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ヤギメロ

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。