『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー 』にゆく。

1000円DAYなので観に行きました。
NEW電王になった後の電王はこれが観るのが初めてでした。テディと幸太郎は良いコンビですね。
公式サイトはこちら

以下伏字
この映画は仮面ライダー40周年記念作品ということで、仮面ライダー1号2号が出ます。
声は1号「藤岡弘、」さん。2号「佐々木剛」さん。元祖仮面ライダーのお二人ですね。
変身前は残念ながら出てきませんが、それはしょうがない。
さてこのお二人、声が渋いです。滅茶苦茶渋いです! 喋る度にこっちは身震いします。
そして滅茶苦茶気合入ってます。特に藤岡弘、さんの「まてぇいっっ!!」は凄いです。
あれはなかなか真似できませんね。佐々木剛さんも素晴らしいです。
声の迫力に負けず劣らず、しっかりダブルライダーは活躍しておりました。
彼らの味方、少年仮面ライダー隊も大活躍。なかなかの自転車アクションしてました。

1号2号の他にも仮面ライダーV3の声を「宮内洋」さんがやっています。ご本人です。
ダブルライダーと比べるとあまり活躍はしてませんが、存在感ありました。
それに違うヒーロー役で「ズバッと解決!!」と言ってくれたので満足でした。

電王とオーズですが、それぞれのファンが満足するぐらいには活躍してたと思います。
ダブルライダーがメインとするならば、脇をしっかり固めた印象でした。
コメディパートは電王側のイマジンズが要員として頑張ってましたし。
ちょっと気になったのは、オーズ側の登場人物「アンク」がいつも以上にメダルに執着
してたことです。というかそんなに役に立ってる場面はありませんでした。
そもそもの原因はアンクですし。
少しだけ「伊達明」が変身する「仮面ライダーバース」も出ます。後藤さん……。

オールライダーが出てくるところはやっぱり興奮しますね。
ブラックとRXがコンビで出てきた時は「こりゃショッカー負けるわ」と思いました。
実際はそんなに活躍しませんでしたけど。
「仮面ライダーW」の主役二人が変身前からゲストで出てくれたのは嬉しかったです。
サブライダー軍団はよく観ないとシルエットで分かり辛かったですが、やっぱ凄いです。

ショッカー及び悪の組織色々は並ぶと壮観でした。
ただライダーと戦闘する主要幹部はそれなりに活躍して倒されるんですが、
(倒され方はやっぱり結構あっさり)
それ以外の悪役の退場の仕方はちょっと可哀想な気もしました。キングダーク様が特に。
しかしある敵キャラを現代風にすると滅茶苦茶絶望感あることが分かりました。
ウルトラマン呼びたくなりましたが、仮面ライダー達が頑張ってくれました。

ストーリーは時空を超えられるという電王の特色を生かした結構ハードな感じ。
どんでん返し的な展開もあります。
「お二人は40年間洗脳されてるふりをしながら色んな人に手を掛けてきたのだろうか?」とか
「『僕はこれで良い』と言うけど、あなた一人で決められるもんじゃないんじゃないの?」とか
色々と気になるところはありますが、勢いにのっかれば気にならないとも思います。
あと結末を見る限り、完全にパラレルワールドです。番外編ですね。

最後には特報もありました。画像だけですがオーズのこれから出るコンボの姿も。
楽しみですね。

伏字終了

ダブルライダー大活躍! まさにこれに尽きます。
どうなるもんかと正直思ってましたが、とってもカッコよかったです。
声も本人なので観てるこっちも気合が入ります。向こうの気合が伝わってきました。
ダブルライダーの活躍を観たいと思う方は、今すぐ劇場へ。是非どうぞ。


藤岡弘、さんと佐々木剛さんの笑い声は良い意味で貫禄ありすぎです……。
コンプリートセレクション 仮面ライダー新1号変身ベルトコンプリートセレクション 仮面ライダー新1号変身ベルト
(2006/03/31)
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード