『仮面ライダーOOO(オーズ)』が終わりました。

今までの流れでいったら冬に映画あると思うんですが、どうなんですかね?
とりあえず最終回を迎えました『仮面ライダーOOO(オーズ)』(以下オーズ)。

『仮面ライダー電王』『侍戦隊シンケンジャー』など仮面ライダーと戦隊モノでメインライターを
務めたことのある(どっちかといえば戦隊の方が多い)小林靖子さんが話を盛り上げていきました。
プロデューサーは武部直美さんという女性の方で、『仮面ライダーキバ』も担当。
個人的に『仮面ライダーキバ』は好きです。

それで今回のオーズですが、終始非常に明るい感じの雰囲気だったような気がします。
そのおかげというべきなのかは分かりませんが、最終回までどす黒い雰囲気も特になく、
観易かったです。話は「五感が失われていく」とか「人間じゃなくなる?」とか結構重かったですが。
「欲望」っていう重たいものをテーマにしてる分、対照的な感じにしたのでしょうか。

それと結構印象的だったのがCGを使った派手な戦闘でした。
各フォームの必殺技はどれも派手で、とんでもなく強そうなイメージを与えましたね。
特に「シャウタコンボ」は液状化するので恐ろしい。
敵のタイプに合わせて好きにメダルを交換して相性の良い能力を使うってのも
なかなか面白かったです。途中で段々その場面が無くなっていっちゃったのは残念でしたけど。

登場人物達に関しては主人公の「火野映司」と「アンク」の二人の関係性がクローズアップ
されてましたね。この二人の関係の顛末が物語において重要な点になっていたような気がします。
私が個人的に好きだったのは「仮面ライダーバース」の「伊達明」です。
途中で退場しましたけど(すぐに復活しちゃいましたが)カッコよかったですね。
敵側のグリード達もそれぞれ面白いキャラ達でした。あまり強そうには見えませんでしたが。

それと仮面ライダーの放送1000回を記念した特別回が作られたり、
オールライダー映画で1号2号と競演したり、夏の映画では暴れん坊将軍と一緒に戦ったり、
コラボが多いライダーの印象がありました。

不満点としては……最終回は全然良かったと思うんですが、それまでの終盤の展開が結構
駆け足だったような気がします。もっと中盤でやっておいても良かったような要素があったように
思えました。特に私が好きな伊達明も、中盤で退場しておいた方が再度登場する時、
「おぉぉぉぉ復活したぁぁぁぁぁ!!」ってなったんじゃないかと個人的に思いました。
伊達明が中々退場しないので、仮面ライダーバースを継いだ「後藤慎太郎」がカッコよく
頑張る時間が短かったような気がします。後藤君は彼なりに頑張っていましたけど。

とまぁ色々と書きましたが、個人的には1年間楽しく観れた仮面ライダーでした。
最後はあるキャラがいなくなったりしましたが、冬の映画やるとしたら復活するんですかね。
するとしたらどんな感じになるのか楽しみにしつつ、『仮面ライダーフォーゼ』に
期待したいと思います。宇宙キターッ!


学生が主人公って、『ビーファイターカブト』思い出しますねぇ。
仮面ライダーOOO (オーズ) 変身ベルト DXオーズドライバー仮面ライダーOOO (オーズ) 変身ベルト DXオーズドライバー
(2010/09/04)
バンダイ

商品詳細を見る

ビーファイターカブト VOL.1 [DVD]ビーファイターカブト VOL.1 [DVD]
(2006/11/21)
特撮(映像)、中里栄臣 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ヤギメロ

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード