スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『探偵はBARにいる』を観に行く。

『探偵はBARにいる』という映画を観てきました。
原作は小説です。この映画のタイトルは小説第一作の題名を使っているのですが、
内容自体は第二作『バーにかかってきた電話』を使用しています。
面白そうだったので、二冊とも買っちゃいました。
監督は「橋本一」さんで、脚本は「古沢良太」さんと「須藤泰司」さん。
二回映画にもなった人気ドラマシリーズ『相棒』のスタッフが手がけた作品です。
他にも東映作品を制作してますね。
公式サイトはこちら


北海道の歓楽街「すすきの」にあるバーを塒として探偵をしている主人公「探偵」。
ある日彼の元に一本の電話がかかってきて、謎の女「コンドウキョウコ」から
依頼を受けます。簡単な仕事かと思いきや、とんでもないことに巻き込まれていくお話です。
「探偵(俺)」を演じるのは「大泉洋」さん。相棒「高田」を演じるのは「松田龍平」さんです。
ちなみに主人公の氏名は全く出てきません。ずっと探偵さんとか探偵、と呼ばれます。

この映画、主人公のナレーションと共に話が進んでいきます。
それでいて探偵が主人公のハードボイルドモノ。こういう作品が日本で公開されるのは、
最近では珍しいような気がします。そういう意味では貴重な映画かも?
(『仮面ライダーW』はこれと似たような感じでしょうか)

一本の電話をきっかけに大変なことに主人公は危険なことに巻き込まれます。
最初から命の危険に晒されますからね。ボコボコに殴られて大怪我もします。
それでもなんとか生き延びて謎に立ち向かう姿は、素直に応援したくなります。
どんなになろうとも諦めず意地になって解決しようと頑張っていくのです。
凄いカッコいいような風ですが、普段は酒を飲んでるひょうきんな性格の男です。
相棒の高田はいつも眠たそうにしてますが飄々としていて、
一応空手の師範代ですから強いです。
この二人のやり取りが結構面白くて笑えるので、そこも注目して欲しいです。

役者陣はどの方も良かったです。脇を固める役者さん達も安心の上手さ。
特に私が印象に残ったのは「高嶋政伸」さんと「小雪」さんです。
前者はとんでもない悪役。容赦の無さと外道っぷりがヤバいです。
クールな悪役をやってる姿は他の映画やドラマで観たことはありましたが、こういう役も
やれるんだなあと思いました。
後者は、個人的に小雪さんは好きでも嫌いでもない女優さんだったんですが、
今回の作品で初めて彼女に魅力を感じました。役に合っていたのかも。
観終わった後は「良い女だったな……」としみじみした気持ちになりましたね。

ただちょっと人によって気になるかもしれないところは、大泉さんの演技でしょうか。
コメディーパート的な部分ではとても面白くて良いんですが、シリアスなところで
たまにコメディーパートの演技を引きずっているように感じる人もいるかもしれません。
個人的には事件の核心に迫り始めてからはとてもカッコよく感じたので、問題ありませんでしたが。
それにアクションも頑張っているので良かったです。これは松田さんも同様。
結構アクションパートが多いのでそこも見所ですね。雪原での戦いは必見です。

それにしても、写真だけとはいえなぜあの人が出演していたのか……。

話の展開はある程度予想出来るといえば予想出来ます。
でも観ていく内にそうやって考えるのを忘れ、最後には切ない気分にさせてくれます。
ラストは寂しさと渋さが入り混じった締め方だなあと思いました。

笑わせてくれて、ハラハラして、泣かせてくれて心に沁みる、そんな映画でした。
良いエンターテイメント作品だったと思います。
シリーズ化させる予定のようですが、是非とも大事に展開していって貰いたいですね。
他の観客の中で「昔の土曜ワイドの雰囲気だった」と言っている人がいましたね、そういえば。
札幌にお住まいの方も色々と土地が出てくるので楽しめるのではないでしょうか。
面白いので、是非どうぞ。


早速原作を読もう。まだ一作目読書中です……。
探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫JA)探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫JA)
(1995/08)
東 直己

商品詳細を見る

バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA)バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA)
(1996/01/01)
東 直己

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ヤギメロ

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。