『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX』を観にいきました。

タイトル長い! とか感じるのはもう今更ですかね。
最近のライダー映画は夏の映画以外はタイトルが長いのがデフォルトな様な気がしますね。
という訳で、今回観にいきました。今までは三つのエピソードに分かれていたこの作品ですが、
今回はなんと5部構成。まさにMEGA MAX(何が?)
放映終了した『仮面ライダーオーズ』から現在放映中の『仮面ライダーフォーゼ』、
更には『仮面ライダーW』、伝説の7人ライダーも登場。てんこ盛りの映画でした。
公式はこちら


以下伏字
今回は上にも書いたように5部構成なので、
観てて感じたことをお話毎に書いていこうと思います。

①第一章「幕開け」
今回の映画の敵は『仮面ライダーW』で出てきた謎の闇組織「財団X」です。
宇宙から飛来した隕石群に付着した謎の物質「SOLU」を巡り、「仮面ライダー」から
「仮面ライダーストロンガー」までの7人ライダーが財団Xと壮絶な戦いを繰り広げます。

名曲「戦え!七人ライダー」のアレンジver.で戦う7人ライダーは格好良いですし、
アクションも最高です。ただこの映画の中で要るか要らないかといったら、
要らない気がしました。しかし『仮面ライダーフォーゼ』の世界観では仮面ライダーが
都市伝説として存在しており、そこら辺は生かす為にも(というより、この映画があるからこそ
の設定?)出したのかもしれません。
ただやっぱカッコいいんですよね。燃えますよ。

②第二章「仮面ライダーオーズ」
隕石が降ってきてせいで時空が歪み、40年後の世界から「仮面ライダーポセイドン」が現れ、
現在のライダーを倒そうと暴れます。そこに旅から帰国した主人公「火野映司」が登場、
更に本編で消滅したはずの「アンク」も復活し、火野はオーズに変身して戦います。

完全にTV本編のその後を描いた続編です。
現在と未来が繋がる原因を最初の隕石にしたことで一応物語が繋がってる感じにしていますが、
この話単体でも全然問題ないレベルの面白さでした。
個人的にはVシネでも良いので、
単体でやって欲しかったです。でも予算削られちゃうのかな?
監督の坂本浩一氏によるアクションはここでも冴えており、やっぱりカッコいいです。
TV本編のオーズで「見たかったなぁ」と思ってた動きやイベントが映画の中で起こっていたので、
大変満足しました。火野がカッコいい。
ただ物語終盤にある2人による水上アクションは正直要らないような気がしました。
でも結構力入ってましたね。
ハッピーエンドで終わるかと思いきや、まだまだ映画は始まったばかり。
財団Xの「レム・カンナギ」が現れ一波乱あり次に続く。

③第三章「風都 暗躍する陰謀」
『仮面ライダーW』の主人公「左翔太郎」は財団Xと遭遇し、戦闘を行います。
一方で7人ライダーはレム・カンナギを追い詰めますが、罠に掛かってしまいます。
翔太郎は戦闘後、謎のカプセルを発見します。

短いながらも『仮面ライダーW』の左翔太郎と「フィリップ」が登場。
短時間でも変身前が出て活躍すると嬉しいものです。仮面ライダージョーカーも出ますし。
映画全体で観たら、フォーゼと繋がってるのはどちらかといえばWの方ですかね。
さて、この映画ワイヤーアクションを多用しています。
それは別に良いんですが、ジョーカーのライダーキックの時のワイヤーアクションは
個人的にはイマイチでした。明らかに吊られている感が出てるといいますか。
ライダーパンチはカッコよかったです。

④第4章「仮面ライダーフォーゼ」
主人公「如月弦太朗」の通う天ノ川高校では文化祭の真っ最中。
そんな時、空からなんと学生服の女の子が降ってくる。彼女の名前は「美咲撫子」。
弦太朗は彼女に一目惚れしますが、そこにフォーゼの敵「ゾディアーツ」が現れ、彼女を
狙います。撫子を守る為に仮面ライダーフォーゼに変身する弦太朗ですが、なんと同時に
美咲撫子も「仮面ライダーなでしこ」に変身。一体これはどういうことなのか?

こちらはTV本編と同じような雰囲気なので、割とTVシリーズの延長線で観られました。
当たり前ですがTV本編よりもアクションてんこ盛りです。弦太朗身体能力凄い。
学校が滅茶苦茶に破壊されていくのを見ると、「ここには行きたくないな……」と思いました。
美咲撫子を演じるのは「真野恵里菜」さん。『SPEC』でも良い味出してましたが、
こっちでも良かったです。変身後のなでしこは可愛い動きしつつ結構恐ろしい。ヒットガールだ。
恥かしくなるぐらいの恋愛話(宇宙のゴッツンコはロマン)、弦太朗の熱血ぷり、
仲間達との熱い友情……。最終回か何かかと思うぐらいの熱いお話でした。
そして終わり際に火野映司登場。最終章に続きます。

⑤第5章「MOVIE大戦 MEGA MAX」
W、オーズ、フォーゼの三人が揃ってレム・カンナギの野望を打ち砕く為に戦います。
変身前の3人が一堂に会し会話をするシーンは感激です。翔太郎と各主人公との絡みも良い。
7人ライダーも登場し、大アクションパートです。
平成ライダー三人側はそれぞれの主題歌が掛かりながらの戦闘で熱いです。
7人ライダーもそれぞれの必殺技をCGやワイヤーアクションで昔を尊重しつつ、
今風な感じになってます。ただライダー1号のライダーキックとV3の錐揉み反転キックは
個人的にはイマイチでした。V3は『仮面ライダー THE NEXT』のキックの方が印象的です。
でも仮面ライダーXとストロンガーの必殺技はとてもカッコよくて好きです。

「超銀河王」になったレム・カンナギとフォーゼ&オーズは戦います。
ここら辺で「なんで……?」と思うところもあったにはあったんですが、迫力のある戦闘が
カッコよかったのでOKです。

戦いが終わった後はそれぞれのエピローグ。フォーゼはちょっと切なかったです。
そして新ライダーが……。

伏字終了

個人的には今までのMOVIE大戦の中で一番面白かったです。
アクションパートが結構多かった気がします。監督が脚フェチだからか、
女性の脚結構映ってましたね。
上映時間95分だったのですが、それ以上の濃密さを感じました。
ただ話が繋がってる感がそれほどあまり感じず、「別の話2本を一気に観た」という
満足感かもしれません。
でもとても面白いので、興味がある方是非どうぞ。


ギャーバーン!!
仮面ライダーフォーゼ 変身ベルト DXフォーゼドライバー仮面ライダーフォーゼ 変身ベルト DXフォーゼドライバー
(2011/09/03)
バンダイ

商品詳細を見る

仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX オリジナルサウンドトラック仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX オリジナルサウンドトラック
(2011/12/21)
V.A.

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ヤギメロ

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード