スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ『小悪魔はなぜモテる?!』なのか。 『Easy A』を観る。

良い評判を聞いていたのですがなかなか観ることが出来ず。
しかしようやく観ることが出来ました。
原題は『Easy A』。邦題は『小悪魔はなぜモテる?!』です。
なんでこんな邦題なんだとか思うところありますが
なったものはしょうがないですね。
公式サイトはこちら(英語です)。


以下伏字
まずなにより言いたいのは「エマ・ストーン最高!!」ということです。
この映画の主人公「オリーヴ」を演じる「エマ・ストーン」。
最近だと『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』の主演をやったり
アメイジング・スパイダーマン』のヒロインをやってます。
この作品『Easy A』は彼女の初主演映画です。
なのに日本での劇場未公開……。
そのことが悔やまれるほど彼女の魅力が全開の作品だと思います。

ジャンルとしては学園コメディもの。
1850年に執筆された小説『緋文字』が下敷きになっています。
この映画観終わってから是非読んでみたいなと思いました。

学校でモテない男達のためにウソをつき続けることになるオリーヴ。
周りはそんなことを知らずにオリーヴを糾弾し続けますが、彼女は
そんなことを気にせずに我が道を行きます。そんな彼女の姿がとても勇ましく
そして可愛いです。ハスキーな声も合いまって姉御と呼びたくなる感じ。
糾弾する側は清さを主張しますが、そんな口撃に晒されているオリーヴの方が
素敵というところも面白い部分だと思います。

でもあることがきっかけで絶望の淵ギリギリにまで立たされてしまう彼女。
気分転換になると思ってデートの誘いに応じるものの、誘った男側の最低な行動。
その時今まで我慢していた分感情を露にする姿に胸打たれます。と同時に
デートに誘った男にもイラッとしてしまうのですが
「オリーヴにウソつくように頼んだこいつら許せないっ」とも思っちゃいます。
特に太った男の子と学園カウンセラーの女性。この二人がどれだけ酷いかは
実際観てもらえれば分かるのですがオリーヴの可愛さに胸打たれてる私は
映画の中に入れるなら「てめぇこの野郎!!」と殴りこんでましたね。  
映画はオリーヴの視点で進んでいるのでそれ以外の視点が無いです。そこが
マイナスな部分にならないとは言えないですが、それでもあのお菓子食ってる
男だけはどうにも許すことが出来ないですね。
オリーヴみたいにアイスクリームのコーン砕き割ってやりたいと思いましたよ。

そんな彼女を受け止めてくれる幼馴染の「トッド」はとても爽やかでカッコいい。
オリーヴが影響を受けることになる『緋文字』を知る授業を担当している
「グリフィス先生」も中々男らしい。厳しさと優しさも持った良い先生でしたね。
オリーヴの両親もコミカルなのですが彼女をしっかりと支えてくれます。
なんで彼らがこんなに優しいのかといえば、
ちゃんとオリーヴという人間を見てくれていたからなんでしょうね。

本筋は時々辛くなるくらい彼女に対して逆風が吹いてきますが、
基本はコメディで彩られているので観やすいと思います。最後は安心の
ハッピーエンドなので「オリーヴ幸せになってね!」と彼女に関しては
幸せな気持ちで観終わることが出来ると思います。

日本ではDVD発売のみになってしまったこの作品ですが、
特典映像のギャグシーンという名のNGシーン集や
エマ・ストーンのオーディション映像が素晴らしいので良しとします。
エマの可愛らしさいっぱいです。

伏字終了

今後の彼女の活躍に期待しつつこの作品の面白さに浸りたいと思います。
興味のある方は是非どうぞ。


『マージン・コール』に出てた人が二人もいた……。
小悪魔はなぜモテる?! [DVD]小悪魔はなぜモテる?! [DVD]
(2012/02/08)
エマ・ストーン、トーマス・ヘイデン・チャーチ 他

商品詳細を見る

完訳 緋文字 (岩波文庫)完訳 緋文字 (岩波文庫)
(1992/12/16)
N. ホーソーン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ヤギメロ

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。