2012年公開で観た映画を、面白かった順に並べました。

今年ももうすぐで終わり、2013年となります。
来年は諸事情でもしかしたら今年より観られる映画の本数も減るかな~なんて危惧
していますが、とりあえず2012年は劇場公開作品は「34本」観ることが出来ました。
去年よりプラス2本! まぁ劇場で観られず泣く泣くDVDや
Blue-rayで観たのもあるのですが……。

去年は邦画・洋画に分けてベスト3や印象に残った10本を紹介していたことを
今思い出しました。
今年は邦画・洋画問わずに自分にとって良かった映画・面白かった映画を順番に
並べてみようかと思います。
ただ「順番」といってもそれぞれの作品は大体色んな意味でどれも楽しめたんで、
これは絶対に駄目だーっ!」ってのは無いのでご注意下さい。
それぞれには「こんな映画だったな~」と個人的に思ったことが書かれています。
ちなみに去年のランキング的なものはこちらから。

More......」からどうぞ。


功労賞:カリフォルニア・ドールズ(シアターN渋谷クロージング上映作品)
     :プロレス興行でいうなら、この一本は「メインイベント」。

桐島、部活やめるってよ:桐島が世界をぶっ壊した終末後の話
007 スカイフォール:カーチャン……
裏切りのサーカス:スパイは孤独
レ ミゼラブル:半生を「捧げること」に費やした男の物語
ドライヴ:むかしむかしあるところに「ドライバー」というのがおったそうな……
エクスペンダブルズ2:色んなモノが大爆発
ザ・マペッツ:居場所探しの物語
アルゴ:そこまでドキドキさせたいのかって映画
外事警察 ~その男に騙されるな~:貴重な日本製スパイ映画
それでも、愛してる:メル・ギブソンVSビーバー(歌手じゃないよ)

これは映画ではない:映画が、撮りたいです……という想いが詰まった「映画」
あなたへ:健さん! 健さん!
鍵泥棒のメソッド:ここまでいかなきゃ運命の出会いは訪れないのか
アウトレイジビヨンド:色んな「悪」が観れる映画
アイアンスカイ:そして世界は終わる……?
ゴーカイジャーVSギャバン:伝説復活
アタック・ザ・ブロック:ロクデナシキッズVSエイリアン
おとなのけんか:こんな大人になりたくない
ヒューゴの不思議な発明:映画が好きなんじゃーっ!!
戦火の馬:お馬さんの冒険

アーティスト:BAN!!
ロボット:日本よ、これが(ボリウッド)映画だ
おおかみこどもの雨と雪:お母ちゃんは強いし、子は宝
ダークナイトライジング:『ビギンズ』にケリをつけた映画
キラーエリート:友の為なら、国の為なら……とにかく無茶する男達
るろうに剣心:龍馬伝の続編ではないです。
009 RE:CYBORG:世界の危機に立ち上がろう
ねらわれた学園:友達って、いいよね
ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録:アドキンス劇場、開幕(客演:ヴァンダム、ラングレン)
宇宙刑事ギャバン THE MOVIE:アクションすげー

TIME:ややこしい世界だけど、君がいれば大丈夫
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q:僕、何しに起きたんだろう
貞子3D:まさしく映画館で、そして皆で楽しむべき映画
踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望:バナナ! バナナ!



という訳でこんな感じになりましたが……。
今年は「シアターN渋谷」という映画館が閉館することになり、クロージング作品として
ロバート・アルドリッチ監督作品が二作品上映されました。
それが『合衆国最後の日』と『カリフォルニア・ドールズ』。
時間的にどちらか一本しか観られなかった私ですが、プロレス好きということもあり
後者の方を鑑賞。もう大感動してしまいました。
初めて観た作品ですが劇場で観ることが出来て良かったです、本当。
思えばシアターN渋谷はこれ以外だと『スーパー!』を観に行ったぐらいでしたが、
アレもなかなか衝撃的な作品でした。
強烈な印象を残す作品を見せてくれたシアターN渋谷に感謝です、はい。

上位には『桐島~』がありますが、これはもうバチーンとやられちゃった作品でした。
でもやっぱし『スカイフォール』も捨て難いし最近観た『裏切りのサーカス』も、
『レ・ミゼラブル』もなぁぁぁぁぁぁ……と悩みまくってこんな感じに。
気付けばイギリス製スパイ映画が二本も。
スパイ映画といえば『外事警察』もランクイン。日本でこういうのが作られることは
良いことだと思いますよ。『外事警察』と『黒田康作』で日本製スパイ映画はOKですね。

『それでも、愛してる』はダークホースでしたね~。
ジョディ・フォスター監督作品は初めて観ましたけど、テンポ良くて最高でした。
これと『復讐捜査線』観てメル・ギブソンは復活したなと思いましたよ、自分の中で。
『エクスペンダブルズ』シリーズには出ないのでしょうか。
『マチェーテ』続編には出るらしいですが。

中盤と下位はなかなか良かったけどそれ以上があったからこうなった、って感じですね。
あと自分の好みです。普通に考えたら『ゴーカイジャーVSギャバン』がここに入る訳
無いんですよね、多分。でもアクションと物語の展開がカチッと組み合わさった瞬間が
最高だったんでこうなりました。ゴーカイレッドVSギャバンブートレグのタイマンは名アクション。

『貞子3D』は映画館でしか楽しめない気がします。
家で観るなら集団で酒を片手につまみを机に観ると良いかもしれないです。
いや楽しかったですよ、ホント。意外とラブ・ストーリーですし。
欲をいえば超能力関連をもっと膨らまして良かったんじゃないんでしょうか。
『踊る~』はもう青島が走り回ってましたね。それでやっぱバナナですよ、バナナ。
「アルゴ」と同じくらいバナナが重要。もう「バナナ、くそくらえ!」って感じですよ。

来年はどんな映画が公開されるのか楽しみですね。
もう来年のラインナップはちょくちょく出始めてますが。
個人的に『それでも、愛してる』は『テッド』のように
ぬいぐるみキャンペーンやっても良かったんじゃないだろうか。

それでは良いお年を。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ヤギメロ

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード