スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイドMOVIE大戦2010』雑感

一日経って見に行った人も増えたと思うんでネットを巡回。色々な意見があって考えさせられました。
そういえば、仮面ライダースカルのフィギュアーツ出るんですね。結構カッコいいです。

前回の記事でも書いたのですが、今回の映画に出てくる女性は個人的には全員可愛かったような気がします。
その中でも電波人間タックル役の子は中々。「デンパナゲッ」の声はなんだか初々しい。
演じている方は『広瀬アリス』さんという方。正直今まで聴いたこと無い名前でした。
そういうわけで早速調べてみると……( ゜д゜)
今年で15歳ってマジですか……しかもミス・セブンティーンと輝かしい経歴の持ち主でした。
ドラマや映画もライダー映画以外で色々出ているみたいなんで、これからの活躍に期待ですね。

後映画見てて思ったのは、やっぱり戦闘員枠って良いなということ。
主要怪人のように華々しく散る事は無いですけど、仮面ライダー達の強さを引き立たせるのに必要な要素なんだと改めて感じました。それに画面もワイワイしてて楽しいですし。TVの平成ライダーでも再生怪人とか、555や剣で言うならライオトルーパーとかアルビローチとか。一対集団は燃えます。
仮面ライダーダブルでも来週は予告を見る限りそんな雑魚怪人(しかも映画に出てきてた怪人ですよっ)と戦いそうな感じ。楽しみです。

ダブルといえば、今週も面白かったです。来年辺りにやるのではないかと思われる恒例の戦隊との合同映画も楽しみです。ただ、もしやるとしたら今度は話だけでなく戦闘シーンやCGシーンも良くなくてはいけないと思います。
ビギンズナイトの戦闘シーンやCGシーンが悪かったというわけではないのですが、どうしてもTV版の延長って感じがしました。ただ恐らくそっちの方面は今回はディケイドの方に力が入ってたと思うので、次のダブルの映画じゃ凄い事になってそう、という期待感がいっぱいですね。何度も書きますが、楽しみです。


ウルトラ銀河伝説も面白そうだなー
ソフビ魂 VOL.36 電波人間タックルソフビ魂 VOL.36 電波人間タックル
(2007/02/24)
バンダイ

商品詳細を見る

『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイドMOVIE大戦2010』を見に行った

思えば仮面ライダーの映画を劇場に行って見に行ったのは初めての気がします。自分が忘れてるだけかな?
TV版『仮面ライダーディケイド』は最終話が一話に繋がる円構造(アニメでいうなら最近なら真マジンガーか)で一応完結してるらしいのですが、今回の映画はそのTV版の先の完結編。予定が空いてるし折角だから見に行きました。
とは書きつつも、映画の予告で出ていたおやっさんこと「鳴海壮吉」役の吉川晃司がカッコ良過ぎてそれ見たさってのもあったんですが。

以下若干ネタバレ!!
映画はディケイド完結編→仮面ライダーW ビギンズナイト編→MOVIE大戦2010編となっております。
今回の映画は中々鳥肌モノのカッコいい演出が多かったような気がします。特にW。特におやっさん。
さて最初のディケイド完結編ですが、TV版や曖昧に繋がってる夏の映画の謎を大体解決してました(大体、としたのは自分が忘れてる謎があるかもしれないので。ちなみにナマコ関連はありませんでした。あと鳴滝お前は何者だ)。特に「なるほど」と思ったのは「なぜ夏みかんのお爺ちゃんは死神博士になったのか?」という謎。この映画ならではの解決方法だったと思います。逆にいうと、この映画が無かったらどういう解決方法にしてたんだろう、という感じです。
ディケイドは戦闘シーンやCGも迫力があって話自体も良いと思ったんですが、とにかく内容を詰め込みまくってる印象を受けました。ほんの少し早送りして見ているような、そんな風に思えました。

次の仮面ライダーW ビギンズナイト編。
おやっさんこと鳴海壮吉関連の話だったのですが、心に沁みてこっちも良い話でした。
しかし見る分にはダブルの方が見やすかったような気がします。いつものTV版の延長戦にある感じ。
フィリップの名前の由来は予想してた人はいるんじゃないでしょうか。『長いお別れ』見たくなったなー。
特にカッコよかったのは映画初公開のファングジョーカーとおやっさんのアクションですかね。
おやっさんを演じた吉川晃司がライブでやっている恒例のアレも見られるので要チェックです。痺れます。

そしてMOVIE大戦2010編。
これはディケイドとダブル、そして平成ライダー達が共演して強大な敵を倒すまさに「大戦」でした。
CGを駆使した映像はまさに映画のクライマックスを飾るにはふさわしく、素晴らしいものだったと思います。
ダブルのファイナルフォームライドも中々でした。
戦いが終わった後翔太郎達の目の前に現れた人物の言葉には若干ウルっと来ました。あれは反則でしょ(´;ω;`)

ディケイドは旅し続ける事が士達の世界ってことで続けようと思えば続けられそうな感じで完結。
ダブルはこれからも風都で戦い続けるってことでTV版の今後に期待。スタッフロール後に出てきた人物に関しては館内少し騒いでました。ネタバレ見てなかったら自分も驚いてたかも。鳥肌はたちましたが。

あ、一つのパートが終わる毎に入る演出も良かったです。「え、これで終わり?」みたいな混乱が少し館内で起こってましたけどね。MOVIE大戦2010編に入る時も中々。
ネタバレ部分終了!!!

というわけで、全体的に満足出来た映画だった気がします。
ディケイドに関してはまた映画やる時はDVDで見ればいいかな……と少し考えていますが。
後思ったのは映画に出てる女性みんな可愛い。タックル役の子もダブルに出てきた依頼人も。ハチ女の人は当然、ね?

ところで、私の行った映画館の近くにはトイザらスがあるんですが、上映後は混んでたのではないでしょうか。
仮面ライダースカルは売れるかもしれませんね。


ワンピース見に来た客が多すぎて驚いた、少ししたら見に行こう。パブリックエネミーズも見たい。
仮面ライダーW(ダブル) スカルマグナム仮面ライダーW(ダブル) スカルマグナム
(2009/12/12)
バンダイ

商品詳細を見る

劇場版『仮面ライダーアギト projectG4』

友人が「一番面白い平成ライダー映画だ!」と言っているのでTSUTAYAに借りに行きました。
思えば仮面ライダー龍騎(りゅうき)以降の映画は見たことはあっても、
それ以前のアギトの映画は見たことが無かった気がします。
借りに行くとなんと通常版ではなくDC版(ディレクターズカット版。カットされた映像が追加されてる。)
がレンタル中ではありませんか。これは嬉しい。ということで見たのはDC版です。
でも通常版見た方がどこのシーンが追加されたのか違いが分かって楽しめるのような気がする、
なんて最初は思いましたが、チャプターメニューを見るとDC版で追加されたシーンをまとめたカテゴリが。
これは親切ですね。

内容に関しては最後まで飽きることなく見ることが出来ました。
一番は仮面ライダーG3-Xこと氷川誠がカッコいいことですね。というか題材的にも必然的に
彼が主役になっちゃいますね。もちろんアギトの津上翔一やギルスの葦原涼もカッコいいんですが。

平成ライダー映画恒例の強化フォームをTV版より一足早くお披露目もやっぱりあります。
シャイニングフォームカッコいいですねえ、エクシードギルスも一味違った魅力があります。
思えばこの映画は平成ライダーにとってシリーズにおいて初めての劇場用映画。
当時はTV版より早く見る事が出来て驚いた人も居たんでしょうかね。

そして痺れたのは初代仮面ライダーで本郷猛役を演じてた藤岡弘、さんが警視総監役で出たこと。
佇まいといい一言一言の言葉といい、どうしてこの人はこんなに渋くてカッコいいんでしょう。
ファンサービスとしては充分な出番だったような気がします。

最後にはTV版の物語の今後を表すような映像が。
一応どうなっていくかは知ってるんですけど(TV版は見てたので)、
こういうのを見ちゃうともう一度見たくなってきちゃいますよ。最後のTV版同様の引きといいたまらん。

今度また何かライダー映画借りて見ようかな、なんて思ってます(一度見たとか見ていないとか関係なく)。
555(ファイズ)、キバ辺りかなあ。思えばどれも同じ脚本家と監督だ。


EDのウルフルズの曲、良い曲だけど合ってない気が……。
仮面ライダーアギト PROJECT G4 ディレクターズ・カット版 [DVD]仮面ライダーアギト PROJECT G4 ディレクターズ・カット版 [DVD]
(2002/08/09)
特撮(映像)

商品詳細を見る

レジェンドライダーシリーズ 変身ベルト 仮面ライダーアギトレジェンドライダーシリーズ 変身ベルト 仮面ライダーアギト
(2009/08/08)
バンダイ

商品詳細を見る

仮面ライダーディケイド 最終回

なんとなく予感してました。これはこのまま終わらないと。
でも序盤辺りでは、まだTV版はTV版なりの決着をつけるんじゃないかなってとも思ってました。
士達がアポロガイスト倒して、世界を救える可能性を信じてアスムやワタルと仲直りし、剣崎も士の言葉を信じて消えていく。大ショッカーを倒すため(大ショッカーこの時点で倒してないと夏の映画はパラレル設定になっちゃうけど。それともTV→冬→夏って順番?)、融合しかかってる世界を必ず救う為、俺達の旅はまだまだ続く的な終わり方になるんじゃないかななんてことを勝手に考えてました。
そしてまあ決定していたであろう冬の映画で行った新しい世界で、全ての決着がつくのかなって思ってました。

だが決してそうはならなかった。お、おのれディケイドーっ。
まさか来週もあるかのような引きで終わるとは思いませんでしたよ。
しかし今週の展開はなんだか結構駆け足気味だった気もします。
前半のユウスケの、士を守ろうとしてアスムとワタルを止めようとするシーンはカッコよかったし、
士が夏みかん助ける為にカード投げるところとか、なんか仮面ライダー剣っぽくて良かったです。
けどアポロガイストとの戦闘は色々詰め込んでたせいかすっごくあっさりだったような。
でも結構忘れられない存在になりましたよ、アポロガイストさん。
最後の勇姿を飾るためなのかこことぞばかりに「迷惑」って言葉を連発してましたが。

他に印象に残ってるのは剣崎の黄金畳ですね。
そしてそれに吹っ飛ばされる士。相変わらず畳さん最強。あの黄金畳は貴重ですよ。
そして渡の変身。一つ前の作品で、最終回は半年前だったのに凄く懐かしく見えたのはなぜだろう。

ということで来週からは仮面ライダーW(ダブル)が始まりますね。
初の二人が一つのライダーに変身という作品。
どっちも男性ですし某エースのように途中で一人になったりはしなさそう。
東映的にはバロム1のイメージなのかな(見たこと無い自分がこんな事書くのもアレですが)。

・以下余談。
恐らく冬の映画の予告から察するにディケイド&Wなんでしょう、Wの出番少なそうだけど。
……暇だったら見に行くかもしれないですけど……とりあえずDVD、待ちます。

仮面ライダーディケイド 変身ベルト DXディケイドライバー仮面ライダーディケイド 変身ベルト DXディケイドライバー
(2009/01/24)
バンダイ

商品詳細を見る

出ないかなあと思ったら

現在放送中の仮面ライダーディケイドは平成仮面ライダー10周年記念作品。
ですので作品の中には色々な仮面ライダーが出てきます(中の人は違うけどそれはしょうがない)。
こういう夢の出演というのを毎週毎週見ていると、ある想いが募ってきます。
それは、『平成ライダーが全員揃ったゲームをやってみたい……』ってことです。
『仮面ライダーガンバライド』という現在稼動中のデータカードダスバトルもありますが、
なかなか手が動かない……。
ガンバライド移植しないかなあ、でももう特撮ゲーなんて出ないだろうなあ……なんて思ってたら。

http://www.bandaigames.channel.or.jp/list/climax_heroes/
http://news.dengeki.com/elem/000/000/154/154165/
仮面ライダー クライマックスヒーローズが今夏発売決定。
まさか移植じゃなくて新作が出ちゃう事になるなんて、全くもって予想外でした。

開発ブログが今週から始まるらしいのですが、今のところまだ開設されてはいません。
しかし、ゲーム雑誌のHPのスクリーンショットと説明文を見るとワクワクしてきます。
色んなフォームに変身するのもさらに気持ちを高揚させます。

しかし問題は「どんなゲームになっているか?」ということです。
ファンアイテムゲーなんだから難しくすることはないって人もいるとは思いますが、
あんまり簡単すぎるのも嫌なので、出来る事なら遊んでて面白いと思えるものが良いなと思います。

555や剣などの連打ゲーになるのか、カブトのゲームみたいに楽しめるゲームになるのか、
とりあえず僕は買ってみようと思います。



しかしやってないゲームが増えてるなあ……これも更新久々すぎだし
プロフィール

ヤギメロ

Author:ヤギメロ
映画とか本とか、色々好きな者だす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。